プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生時代、国語の授業や社会の授業でならった『万葉集』。
けっこう好きな世界でした。
詩にこめられた詠み手の気持ち。
言葉で遊ぶ姿は・・・なんと優雅で高尚な遊びなんだろうと
小さいながらに感動したものです。
その『万葉集』の原盤! ともいうべき木簡が
このたび、京都の遺跡より発掘されたというニュースを耳にしました。

場所は京都府木津川市の馬場南遺跡。

万葉集に収められた和歌を記した奈良時代の木簡(時代的には八世紀後半です)が見つかったそうです。

2008102201000616.jpg@サンヨウタウンナビより借用


この木簡の発見により
8世紀半ば以降とされる万葉集の編纂後に書かれた可能性がでてきたとのこと。
これは大きいですね。
ちなみに以前もいくつかこのような木簡は出土していました。

滋賀県甲賀市の紫香楽宮跡では計2例出土。
これらはずれも万葉集編さん前でした。



今回の木簡は縦23・4センチ、横2・4センチ、厚さ約1センチ。
万葉仮名で「阿支波支乃之多波毛美智」と書かれています。
この歌。読み人知らずの歌「秋萩の下葉もみちぬあらたまの月の経ゆけば風をいたみかも」
(萩の下の葉が色づいてきた。月日がたって、風が強くなったからだろうか)の冒頭部分です。

この木簡の他にも同遺跡からは三彩や緑釉で仏教世界の中心にある須弥山などを表現した陶器の破片約50点も出土。

なんだか、そんな出土品をみていると
八世紀の当時の様子が頭のなかにぼんやり浮かんでくるようです。

今のようにデジタルカメラもない、メールもない時代。
言葉というツールだけで・・・その場の様子、自分の気持ちを表現していた・・・・世界。

当時の人が便利すぎる今の時代に生きる私達をみたら、どんな歌を詠むのでしょうか(^^;)

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪
 紅地に鳥や花柄を施した振袖です。大胆に描かれた弧のような柄は鳥が空を艶やかに舞う姿を表現したような・・・雰囲気があります。紅という特殊な色合い。ですが、締める帯ひとつでクラシカルにもポップにもかわるお品でしょう。是非、普段の遊び着に楽しまれてみてはいかがでしょうか(o^∇^o)



スポンサーサイト
いつもご紹介させていただいている
着物のリサイクルショップ
★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんが!!!!
またまたドンと大サービス中です。

なんと!!
5周年&Sさん出産記念40%オフ!!を開催中です。

対象商品は
【5周年記念40%OFF】と商品名に入っている商品。

期間は10月26日まで。

でも、★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★の太っ腹な気持ちは存大で商品名に【5周年記念40%OFF】の文字が入っているものは、そのまま40%OFFで購入できるそうです。
さらに値引き後の料金に対して、送料などを計算していただいているとのこと。

いやー!!!!ありがたい。というか・・・大丈夫なのでしょうか・・・と少し心配しつつも
見逃すわけにはいきません!

心はすでにバラ色ならぬ、ピンクでウキウキ。
お気に入りのお品。探しにいきましょう!

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。
もうすぐ七五三。
各地の神社にはかわいらしく着付けした子ども達の姿が見られることでしょう。

さて、七五三。
子供が健やかに成長しますように・・・という親心が込められた行事です。
が、本来の意味はそれだけれはないのです。

根底にあるのは、日本人のもったいない精神、やりくり精神、節約精神です。

三つの男女の髪置
五つの男子の袴着
七つの女の子の帯解

この行事。

子ども達が着る本裁の着物は袖まであげをして
子供の大きくなるにつれて段々それをおろします。

そして派手で着られなくなる頃には・・・
その着物は普段着もしくは長襦袢にまわすという賢いやりくりがそこにあったのです。

着物=普段着
着物=高い

だからこそ、遠い将来を考えてつくられていました。
今でいう自己流リサイクルというところでしょうか。

この倹約の精神をかつては、日本中の人が体得して、
派手に見える七五三の着物もその場かぎりのものではありませんでした。

この行事を機会に、大人の世界とはこういうものなのだということを子供に体感させ、
祝着はすり切れるまで活用させていたのです。

今は子供をかわいく着飾る親の虚栄心・・・ばかりとはいいませんが、その傾向が強いですね。
でもそれだけの気持ちだと、いつしか七五三は・・・単なる行事だけとなり、
いつしか消えてしまうような予感がするのは私だけでしょうか。

着物の国の住人なのに、
先代たちの思いを知らず、ただ着るだけというのは、哀しい気がします。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪
 多色使い、斜め立桶に丸柄の女児用の振袖 です。木綿胴裏にモスリンの裾廻し仕立て。4~5歳程度の女児用の品です。
肩揚げ幅1cm、腰揚げ幅10cmになっており体格の良いお子様でしたら揚げを直して頂くと3歳七五三の祝着としても利用できます。本当に派手。でもこの派手さも先人の知恵がはいっているのです。長襦袢って・・・一番オシャレできるところなんですよね。それを着ながら覚えていく時代は・・・本当に着物と共にありという感じです。
人は足もとでわかる。

そういわれたことありませんか?
靴は、履き物はいつもピカピカに磨いておくべき。

他人はあなたを知るために
まずは身なり・・・特に足もとを注目しています。

そんなことわかっている!と、履き物を綺麗にしていらっしゃる方。
多いでしょう。
でも綺麗な靴を履いているだけではダメです。

あとひとつ。気にかけているとさらに、あなたの魅力はUPします。
それは履き物の脱ぎ方。

ついつい、自宅の玄関で脱ぎっぱなし・・・ということありませんか?

これを訪問先でおこなうと・・・無作法です。
とはいえ、下足人(靴係)がいらっしゃる場所では
男性はそのままでかまいませんが、女性はやはりきっちりしたいもの。

履き物は上がる方向に両足揃えて脱ぎ・・・
履き物の先が玄関扉のほうにむくようにそろえなおし、玄関の端におきます。
これが常識です。

でも着物などの新しい履き物は鼻緒が詰まって足が抜けにくい・・・ということもありますね。
そんなときは!


足を自分から見てV字にし、右のかかとを左にあて、足をすこし抜きましょう。

次に、左のかかとを右にあて、鼻緒から足を少し抜きます。


こうすれば・・・すんなり新品の履き物でも上手に脱ぐことができます。
間違っても・・・素足や足袋で玄関に立つ! なんてことありませんように・・・気をつけてくださいね。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪

 なんと100円!という価格の足袋カバー  今しか手にいれられないBIGチャンスです。

つい先日。
東京のお台場にでかけ、
アポまでまだ時間があるので、数年ぶりにお台場のお店を覗いてみることに。
あの箱のような建物のなかは
昭和時代のゾーンもあれば、
筋肉マッスルのような場所、1900年前半の香港上海ゾーンなどがあり、
まるで、遊園地にきているような感覚で散歩を楽しんでいました。

そんな箱もののなかのお店で素敵な輪雑貨屋さんがあり、
覗いてみようと店内にはいると、シンプルなスタイルの雑貨類がいっぱい。

雑貨に目がないので、誘惑に負けそうな予感大!(^_^;)

そんなとき、見てしまったのがてぬぐいコーナーでした。

日本古来の柄もあれば、秋らしい柄もあります。
そのなかでも特に目をひいたのが曼珠沙華の柄を施したてぬぐい。

画像 001


迷うことなく、手にとり購入しました。

1本1800円と少し高い・・・。

ハンカチ代わりに使おうかと思っていましたが、あまりに素敵な柄なので・・・

タペストリーかテーブルクロスでまずは楽しもうと・・・今は部屋に飾ってあります。

てぬぐいって、ホント、いろいろ使えますね。
普通に手をふくものから、タペストリーやテーブルクロス。
そして、プレゼントを包む風呂敷変わりにもなります。

そんなてぬぐい文化。どんどん日本の生活のなかに復活していくとよいのに・・・と
ふと思いました。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪

 黒地に短冊柄の訪問着。短冊にかわいらしい花柄がいくつも描かれています。その色づかいは今でいうとビタミンカラー。黒に生えるため、キュートさがありながら、品のある雰囲気をだしてくれています。普段着や部屋着などでいかがでしょうか。てぬぐいを頭にまいて、お掃除・・・するのも、着物を楽しむひとつ?になるかもしれません。



古渡り更紗-江戸を染めたインドの華-


10月25日から11月30日まで、東京の五島美術館でインド更紗の古布の展示会が開催されます。

古渡り更紗@五島美術館より借用

更紗とは、木綿に草花・鳥獣・人物などの文様を、型や手描きによって染めた布のことで、
18世紀初期までに舶載されたインド製更紗の一群を「古渡り更紗」とよばれていあす。

今回はその「古渡り更紗」の名品を約80件が取り上げられており、幾重にも美しい更紗を観られるチャンスです。

さまざまな文様構成の特徴と多岐に渡る更紗作品との関連に焦点をあてた特別展。期間中展示替あるようなので、期間中、何度も足を運んでみられてはいかがでしょうか。

料金: 大人1000円、高・大学生700円、中学生以下無料
場所:五島美術館
住所:東京都世田谷区上野毛3-9-25
電話:03-5777-8600
アクセス:東急大井町線「上野毛駅」から徒歩5分
URL:http://www.gotoh-museum.or.jp/

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪

 ボルドー色の更紗風染め柄、全通お洒落袋帯です。オリエンタルな雰囲気いっぱいの染めでとってもお洒落。草花柄をふくれ織り風に施した複雑な表情が赤味を帯びたボルドーの色合いを一層味わい深いものに。普段着でもきっと周りが注目する1本でしょう。

海老茶地に松とヱ霞柄の道行です。更紗風地模様の深味ある地に染めの松とヱ霞を絵羽に配したお洒落な品。裏地も白と海老茶のストライプと洒落てますね。観劇や趣味の集まりなど、気取りのないお席などの時などのときに・・・いかが?(o^∇^o)





料亭でのマナーとして
まずは服装を気をつけましょう。
堅苦しいのないとダメ?と心配なさらないでください。

そのお座敷が接待や商談であるのならば、かっちりした服装でなくてはいけませんが

お座敷遊びを楽しむ目的なのであれば、男女ともにフォーマルになることなく、普段の外出着でOKです。

ただし、くだけすぎはNG.
Gパンもやめておきましょう。
下着のラインなどが見えそうなものも、下品です。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪

 鳥の子色地に染め分け白樺柄の訪問着。ちょっと気品漂うこの訪問着。みつけてびっくりしました。この色合い。目立ちますよ。派手ですが、着こなせれば・・・もう玄人さんです(o^∇^o)
今日の朝刊の文化面に
各地の衣の歴史を行脚されているきもの研究家の松岡美紗(まつおかみさ)さんの記事があった。

「あなたのお国に衣の神様はありますか」

という書き出しではじまった記事はとても興味深いものであり、日本は素敵な国だな・・・と再認識させてもらえた。

この松岡美紗さんとはどういう方なのか・・・
ネットで調べてみると
NHKの番組「美の壺」で千点以上の藍染めを収集する人として紹介されている。
http://www.nhk.or.jp/tsubo/arc-20070119.html

現在は岐阜県在住で
岐阜城近くの町家空間 かふぇ&ギャラリー 今昔庵では美紗さんの藍染めコレクションを観ることができるそうだ。
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000723405.html

美沙さんが衣の歴史行脚に出かけたきっかけは東京で着物ライターをなさっていた頃
病にたおれ、余命5年と宣告されたのがきっかけだった。
重い病を少しでも軽くするために、いままでの東京生活を捨て
故郷の岐阜に戻られた。
そのとき「自分がいままでしてきたことで何か残せるものはないものか・・・」と思ったそうである。
1975年の晩秋、47都道府県の教育委員会あてに送った手紙の返事は
翌年の新春の頃より返信がすこしずつあった。
その便りを糧に、体調が回復してきた頃、衣の旅に出るようになったそうだ。

あなたのお国に衣の神様はありますか?

この言葉で始まった・・・衣の歴史行脚。

彼女の旅はまだ途中である。

全国の衣の歴史の地を訪れたとき・・・彼女のなかにはなにが去来するのだろう。
私はそれが知りたくもあり、羨ましいと思う。

松岡美紗さんのこれまで行脚された場所は彼女の著書『衣風土記』で紹介されている。
   

1冊2625円の4巻。

彼女の目を通してみる各地の衣の神様。
自分の知らなかった故郷に・・・もしかしたら、衣の神様がいるかもしれない。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪


藍色の印半天。藍染め地に屋号や店名を染め抜いた、おたな用印半天です。
どれも一昔前の雰囲気がたっぷりで、
しっかりとした生地や仕立て。
古布としての価値もある品ばかりです。




日本には四季がある。

にもかかわらず、私達の今の暮らしは
四季と共にではなく、四季を無視した生活スタイルである。

それが悪いとはいわない。
でもいいとこどりばかりで・・・
紅葉狩りやイチョウ詣など行楽は行楽で秋を楽しんでいるから
自分は風流人と勘違いしているような人が多いように思える。

そんな風に批判している自分も
つい最近まで勘違い人間であった。
着物や洋服、食事で衣替え・・・をしっかりしたので
季節をきちんと知っていると自負していた。

でも・・・・窓辺にはチリンチリンとなる風鈴。


今・・・何月か。

秋も中頃。
来週末は11月だというのに・・・・・・

ハッとして・・・急いで箱を用意し、片づけることに。
画像


夏から出しっぱなしだった風鈴にはうっすら埃が・・・

まだまだ未熟者。

四季を大事にする・・・日本人でいられるように・・・日々精進。
だしたらしまう。
狭い日本ならではの考えも・・・大切(>_<)である。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪

 黒地にお太鼓柄の八寸名古屋帯。白い滝の前に紅葉が舞う・・・秋ならではの1本ですね。小紋にあわせて普段着用としてはいかがでしょうか。化繊なので雨の日の外出に利用できます。黒地ですのでどんな色の着物とも合わせやすいでしょう。
着物のリサイクルショップでおなじみの
★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんで
今日までなんと!!
20%OFFのセールを開催中です。

対象商品は
期間限定20%OFF】と商品名に入っている商品。

体育の日の祝日。
いいものを根性で手にいれましょう!!

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。
10月から11月。
秋晴れが続くいい季節。
この時期、各地の神社仏閣に出かけると
珍しいものにであるかもしれませんよ。

「曝涼」といわれる虫干し季節で、非公開の宝物が
今の時期に公開されるのです。

真夏に行う、奈良の室生寺のようなところもありますが、

やはり多いのは今の時期。

この秋は秋雨がそろそろおわり、ユーラシア大陸からの乾いた空気が
日本列島に吹き込んでくるので、虫干しに最高の季節になるのです。

さ、この時期。
同じように家の着物の陰干ししませんか?
カラッといい時期。
箪笥で除湿剤を使うより効果てきめんのはずです。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪

 黒地に松籟飛鶴吉祥文様の留袖です。
「松」にちなんだ家のものだと思います。波に松原の松籟(しょうらい)文様の他「三階松」の五つ紋付の品。落ち着きある色使いの手描き友禅にしっとりと金彩・金砂子・金駒刺繍を施した格調高い柄付けで、裾綿・袖口綿をふっくらと入れたお仕立ても上質な印象があります。
華やかさを控えながら上質感ある装いで50歳代以降のお身内の方などにお奨めの一枚ですね。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。