プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログを覗いてくださっている方に「おめし」といってご飯という人はいないはず。

おめしとは着物の種類の用語のひとつで、
横に強いよりをかけて精錬した上で染めた着物をいいます。
縮緬の一種です。
江戸時代、十一代将軍家斉が好んで「お召し」になったところからつけられたそうです。

縮緬より丈夫で張りがあって、体によく馴染む高価なものですが、
湿気には弱く、特に雨にあたると縮みます。

種類がとても多く、西陣・桐生・塩沢など産地の名が付いていて同時に産地の名がそれぞれの特徴を表しています。

私がもっている着物のなかで、お気に入りのひとつが白鷹の着物。
白い布地で稿がうっすらはいっているので、
着るときに苦労しますが、きちんと纏うことができると
かなりしゃん・りん・しゃんとします(昔のどこかのCMのようですね)。

おめしはほんと纏いやすく、動きやすい優れた機能があります。
いくつかの種類のおめしがあれば、着物生活にとってありがたいかもしれませんね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


淡いグレー地に幾何学柄に絞りの羽織。
薄手絹布の絞り地が真綿のような手触りのお品。
裏は白地に花唐草風の柄付け。 
裄64cm、身丈72cm、 袖丈45.5cm

無地のお着物に羽織られるなど、いかがでしょうか。羽織の柄もかなり大柄なので、目立つはずです。(*^_^*)
スポンサーサイト
神坂雪佳

あの世界的有名ブランド「エルメス」のカタログ誌でも紹介された
雪佳。

自然美を四季折々のそのままの雰囲気を繊細な感性で表現する雪佳は
どこか心にやすらぎをもたらしてくれます。
上の題名は『狗児』

竹林のなかでカタツムリをみつけて
不思議そうにながめるワンちゃんの姿は愛くるしいですね。

私はその後ろにいる狗がどうみても茶パンダにしかみえないんですけれども(^_^;)。

少し勉強してみようと感じた今日1日でした。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


黒地に古典艶やかな亀甲花柄の六通袋帯。

黒地にお行儀良く並んだ滑らかな光沢の金色亀甲と、明るい色使いの花柄が初々しい華やかさ。

古典柄晴れ着に合わせ、十三参りや成人式・お正月などの装いにいかがでしょう。
サザエさん実写版が本日、テレビ放映されていますね。

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20091114mog00m200015000c.html

サザエさん


@読売オンラインより借用

昭和初期の雰囲気そのままを紹介しているサザエさん。
実写になるともっとリアルさがでえ、楽しいんでしょうね。

サザエさんや登場人物も楽しみですが、一番の興味津々はおかあさんのフネさんの着物姿。

着物で生活するための着物姿を勉強?できるかもしれませんね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


銀線に黒地花唐草の切り嵌め風の六通袋帯。
黒地花唐草部分は刺繍のリボンテープを縫い付けたような切り嵌め風。

銀糸線柄の凹凸による立体感と共に柄部分もふっくらと盛り上がっており、シンプルな色使いにゴージャス感を添えています。
裏は白地で芯無しのソフトタイプ。

シャープなライン取りや色味を抑えた意匠が華やかな訪問着などをキリリと引き締めて装えることでしょう。
花屋さんの店先に葉ぼたんの鉢がでるようになりました。

091112_14217E0001.jpg

葉ぼたんをみると、お正月を感じます。
まだクリスマスが先ですけれど、日本人だとお正月はやはり気になりますね。

うちのベランダも葉ぼたんを植えておきましょうか。
(まだ早い?)

葉ぼたんと南天。
いい枝振りに育てましょうか(*^_^*)P

091112_14217E0002.jpg

ちなみに、葉ぼたんとは(英語:ornamental cabbage)、アブラナ科アブラナ属の多年草で、園芸植物として鮮やかな葉を鑑賞しますが、観葉植物より一年草の草花として扱われる事が多いようです。
名前の由来は、葉を牡丹の花に見立てたもので、 耐寒性に優れ、冬を彩る花のほか、門松の添え物にも利用されています。
暖地では色づかないし、寒地では屋外越冬できないなど
デリケートな植物でもありますので、育てるのは大変かも。

ちなみに渡来時期は鎌倉時代中期または江戸時代前期。
現在見られるハボタンの作出時期としては、園芸ブームにわき、
草本植物の斑入りなど葉変わりが珍重された江戸中期以降と見られ
縁起のよい紅白二色が好まれたそうです。

当時、博物学者の山岡恭安による「本草正正譌」(1778年)で牡丹菜、葉牡丹と記載されているのが文献上の初見とみられ、古典園芸植物ともいわれています。

明治以降は冬の園芸植物として広まる一方で海外に紹介され、
戦後はさらに品種も増え様々な形を楽しめる植物です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



赤茶地 紬風織りの抽象柄の二部式帯です。色柄共にさほど季節に左右されず
幅広い装いにご利用頂けるでしょう。
張りのある芯地を用いており型崩れなく締められます。


草履や下駄など。
着物には必要な小物がたくさんありますが、
女性男性関係なく、やはりオシャレは頭の先から足の先まで・・・しっかりしたいですね。

草履というと鼻緒などでオシャレできますが、
男性の雪駄の場合はノーマルがほとんどですが・・・
みつけてしまいました。

091113_13297E0001.jpg


地の色もかなりど派手な・・・雪駄。
さすがに足がとまってしまいました。

派手です。
v(@∀@)vv(@∀@)vv(@∀@)vv(@∀@)vv(@∀@)v

誰かはいてみませんか???
見てみたいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



印傳鼻緒のプラスチック台雪駄です。
サイズ24cm、幅9cm、踵の厚さ1.7cm。
焦げ茶地に黒の印傳柄が密かなお洒落感の粋なお品です。
台は軽層雪駄同様のプラスチックですが4段風に設えた踵などは履いては畳み表風。
はきやすい雪駄だと思います。

散歩をしていると、とある呉服屋さんのウィンドーに
甲冑模様?の帯をみつけました。

091113_13287E0001.jpg

甲冑の肩につける、大袖のあたりの模様でしょうか。
詳しくはhttp://www.katchu.com/html/2100.htmlでお探しください。


確かに甲冑は、武士のプライドともいうべき衣装。
派手な甲冑をしていた有名人は数多くあれど・・・

この大袖の様子だと源平合戦くらいの様子でしょうか。
戦国時代の実践向きではない気がします。

でも華やかでしょうね。こんな大袖をつけた武将が戦場に現れると・・・

敵の的になるのも確実かもしれませんが・・・
(o≧▽゚)o(o≧▽゚)o(o≧▽゚)o(o≧▽゚)o(o≧▽゚)o(o≧▽゚)o

ちょっとみてみたいと思うのも事実です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紺の羽織紐です。いろいろなものが集まっています。
A・・・正絹手組み未使用、直径約9mm丸組、少々汚れあり。
B・・・直径約9mm丸組、Sカン片方無し、房に乱れあり。
C・・・直径約9mm丸組み、紺に色褪せあり。
D・・・明るめの紺直系約8mm、やや長め、僅かな汚れあり。
E・・・紺と白の平編み、幅約1cm、白に汚れあり、ご年配の方向き。

若干汚れがあるものもありますので、ご自宅用やお稽古用がよいのかもしれません。


一見さんおことわりーといえば、京都の祇園。
一度は舞妓遊び、花街遊びがしたい……という人。多いはずです。
でもお金がーという方。
まずはこれで仮想花街遊びを楽しみましょうか。

映画『舞妓Haaaan!!』。
反響がよかった邦画。
本日、地上波初登場で放映されます。

まいこはああん

http://www.maikohaaaan.com/index.html

宮藤官九郎がシナリオを執筆した作品で、
サラリーマン鬼塚公彦(阿部サダヲ)が京都・祇園の舞妓と野球拳をしたいという夢を追い求めるというコメディー映画。主演の阿部サダヲさんはこの映画が初主演作でした。

舞妓さんと野球拳。
一般人の私たちの実現したい夢のひとつ♪
その願い!?をかなえてくれる仮想空間です。

さ、日本テレビ系列、21時からの放映。
お時間あるかた、
テレビの前で仮想花街遊びを楽しんでください♪


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


渋い多色の縞柄紬地の全通柄名古屋帯。
着物地のような薄手の帯地に張りのある不織布芯を用いたお仕立てと思われ、
お太鼓裏は薄い玉虫色の赤紬地。
渋め色の多色縞柄が普段着や街着に合わせた気軽なお出掛け用としていかがでしょうか。
締めては軽い締め心地の扱い易いので、初心者の方にぜひ。


天皇陛下ご即位20周年。
大手デパートでは祝旗がでていました。

091112_13497E0001.jpg


日本の国の象徴、天皇陛下のご即位。
日本人として、お祝い、祝杯したいですね。

「おめでとうございます」

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


渋い色合いの帯揚げセットです。
暗色系や渋い色使いが大人のお洒落にお楽しみ頂けます。

生地質は良くしなやかなお品。5種類あります。
歩いていると、綺麗に咲いている山茶花をみつけました。

091110_14277E0003.jpg

山茶花。
山茶花が咲いているのをみると、冬が近づいてきているなーと感じます。

091110_14277E0002_20091110190545.jpg



ちょうど今夜からお天気は下り坂。
せっかくの山茶花が散りはしないだろうかと心配しましたが……

11月の季節の表現に山茶花梅雨という言葉があることに気づきました。

山茶花梅雨:立冬を過ぎるころにふる雨のことで、梅雨といっても長くはなく、山茶花の咲き始めるころに降る。

立冬もすぎ、明日の雨。
久しぶりの丸1日の本降りになる予報。
大きな傘、長靴をご用意くださいという天気予報士の話。

昔からいわれている季節の言葉。
的確な一年の季節の移ろいを教えてくれます。

091110_14277E0001.jpg


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


茶色の角型の衣装バッグ。
シックな茶色や角型の形状です。
サイズは幅49cm、高さ35cm、マチ幅11cm。

両方向ファスナータイプで、外ポケット1ヶ所、内ポケット大小あわせ3ヵ所付いています。
持ち手部分はビニールレザーで、底には4ヶ所足付き。
長いサイズのたとう紙が二つ折りで入る大きさなので便利です。

これが始まると冬ですねーという「まねき書き」が京都でおこなわれております!!

まねき書き 京都

@歌舞伎美人より借用(http://www.kabuki-bito.jp/news/2007/11/_photo_100.html)

11月6日、今月末から南座で幕を開ける師走の年中行事「吉例顔見世興行」を前して、
出演される歌舞伎役者の名前を庵形の看板に書き込む「まねき書き」が京都市左京区の妙伝寺にて始まりました。


12年目となる書家の川勝清歩さんは御年74歳。
歌舞伎独特の書体、「勘亭流」と呼ばれる書き方で、祝事の意味を込めて一文字一文字書かれています。


この看板の文字。
実は普通の墨ではありません!!

文字の照りを良くするための清酒、そして風雨にさらされるなど屋外環境の中でも耐えうるためのニカワを混ぜた墨を使っていることをみなさんはご存じでしょうか。っぷりと筆に含ませて一枚一枚丁寧に書き上げていきました。

「勘亭流」は筆太で隙間なく内へと丸まって書かれる書体。

これは、客席に隙間なくたくさんのお客様が入ってほしいという願いが込められているそうです。確かにそんな雰囲気を漂わせる魅力的な字ですね♪

今年の目玉の顔見世は二代目中村錦之助の襲名披露。

その襲名披露公演の「中村錦之助」のまねきが京都南座にあがるのは実に55年ぶりだとか。
なんともめでたい。そして歴史的瞬間でもあります。

もちろん、古今東西の有名歌舞伎役者も勢揃い。
坂田藤十郎、中村富十郎、尾上菊五郎、松本幸四郎、片岡仁左衛門、中村梅玉、片岡我當、市川左團次、片岡秀太郎が顔を揃えて公演に華をさかせます。

あー。南座で久しぶりに歌舞伎がみたい……。


今月の25日にはまねきを劇場正面に飾る「まねき上げ」が行われます。
この「まねき上げ」がおこなわれると、京都の冬も本番を迎えるのです。
しんしんと冷える寒い京の冬。一面、白と銀世界の神秘的な時間に……。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


多色使いの花柄、刺繍半衿と重ね衿のセットです。
明るめの茶色がかった赤紫系地に愛らしさを感じる色使いの刺繍柄半衿と、
深みの赤紗綾形地にゴージャス感のある花柄の重ね衿を付けしたセットは貴重。
キレイな未使用です!

単品使いの他、地味系の装いに華を添えたいパーティー用などにもいかがでしょうか。

あー。私もほしくなりました。(^_^)v
部屋のてぬぐいタペストリーもかけかえです。

彼岸花から……紅葉雪。

091107_14507E0001.jpg


絵をかざるように
花をいけるように

1枚、季節を感じるものがあると……心が和む、四季とともにあるということを感じます。

そんな心のゆとり。
いつももっておきたいものですね。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


黒×緑にラメ箔使いのゴージャスな葡萄柄の六通袋帯です。
この豪華さ。着物素人さんがみてもため息がでるお品。
ビビッド感のある鴨の羽色の緑地に、たっぷりの金と宝石を散りばめたような
ラメ箔使いがゴージャスで個性豊かさ。
胴は緑と黒のぼかしに裏は黒地通し、ややソフトタイプのお仕立てです。

インパクトのある豪華さで夜のパーティーの照明下でも艶やかに映えることは間違いありません。

お色や雰囲気が合えば今風の晴れときの帯にぴったりですね。

肌襦袢の襟にいれる衿芯。

皆さんはどのような形でしまっていますか?

DSCF3881.jpg

衿芯とは長襦袢の衿に半衿をかぶせるように縫った後、袋状になっている
部分に通すプラスチック製の芯の事をいいます。
プラの衿芯の他に分厚い木綿を衿の芯にする場合もあります。

以前、衿芯を忘れたとき、新聞紙を折り、衿芯代わりにした覚えが……。
※衿芯をいれない着付けをされる方もいます。

衿芯の用途は学生服の衿カラーと同じような意味をもち、衿元と衣紋を綺麗なフォームに
見せる為ためのものです。

その衿芯。
着物をぬぎ、肌襦袢をぬぐときに襟元からきちんと外しておかなくてはいけません。
忘れていませんか?(忘れている人はいないと思いますが)

いれっぱなしでたたむと……さあ大変。
衿芯が割れてしまいます。
プラ芯はとくに割れやすいので、曲げるとすぐにパキッという音が(>_<)。

そこでお聞きしました。
着物美人の方に衿芯のしまいかたを。

「缶などまるいいれものがあればそれにいれて保管するといいですよ」
「クリームをつかいきった容器でもOK」

ということで、ゴン麹は……

DSCF3883.jpg

麺棒のはいっていた容器を衿芯のしまい箱に。

これは便利です。おまけに、衿芯の丸みもそこなわれることもないという一石二鳥♪

重宝しております。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



藍紬地にパッチワーク風裂り嵌めお太鼓柄の名古屋帯です。
深い藍色紬地が、朱色系の様々なお色をキリリと引き締まった印象になるはず。
様々な織り柄・染柄の別布をパッチワーク風にはめ込んだ裂り嵌め柄は
とってもお洒落。
遊び帯のひとつにどうぞ。





木枯らし1号がつい先日吹いたと思うと……

明日はなんと立冬。

今年も2ヶ月きりましたね。
皆さん、着物。しっかりきていますか?

11月7日か8日が二十四節気でいうところの『立冬』あたります。

ちょうど夏至と冬至のち中間点で、
太陽が天の赤道上を南から北へ通過する点を春分点、
北から南へ通過する点を秋分点というそうです。

温暖化が進んだ、“冬来る”と言えど11月の初めはまだまだ秋。
とはいえ、ここ数日、寒い冬、北風がふくと、
コートが恋しくなりますね。

日中の陽射しは幾分弱まり、日暮れが早くなって朝夕には空気の冷たさにハッとします。

暦どおり……やはり季節は冬の到来を教えてくれているようです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



白の麻の葉柄、化繊長襦袢です。冴えざえとした純白地に少し大きめの麻の葉柄。

汚れ無くキレイな化繊半衿と衿芯が掛かり、他も状態良く未使用のお品です。

ふっくらとした厚みのある化繊地で、留袖などの正装用や準正装用・白地の
お着物用としてもお奨め。麻の葉柄はお目出度い意味。ぜひハレの日にご使用ください。
9月5日の夜、一夜限りの夢の舞台は、開創1250年を迎えた唐招提寺で開催されました。

初来日のグレゴリアンや特別ゲストのアメリア・ブライトマンをはじめ、世界から集まったアーティストたちと日本のアーティストたちの音楽と歌声に包まれ、百人太鼓の力強い演奏で感動の内に幕を下ろしました。

本日、ちょうどいま、TBSの特別番組で当日のステージの模様に、各アーティストのインタビュー、武田双雲さんが鑑真和上ゆかりの中国・揚州大明寺を訪ねる様子を加え、東洋と西洋が出会い響きあう中で特別なステージの様子が放送されています。


唐招提寺 音舞台

http://www.mbs.jp/oto/

西洋と東洋の混合がかなり見事にマッチしていて、かなりぞくぞくときます。

まだみていない人はテレビをつけて、体感してみてください。

そして、次回は生でぜひ。(^_^)v

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


花紺青色に菱形柄の八寸名古屋帯です。
光沢のある青色に、同系と水色に銀糸使いの柄が華を添えてくれますね。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。