プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日までの暖かい日はいったんおやすみ?
というように、お昼すぎから冬の寒さが少しもどってくるそうです。
ふきのとう



春先になるといわれる「三寒四温」。
この時期の体温調整や着る服などに困るのも事実。

しかも雨降りがつづくようで、これは春雨……になるのでしょうか。

春はすぐそこまできているのに、
冬はもうちょっといたいよぉおおお!って
いっているようですね。

自分的には暖かいほうがいいです(*^_^*)。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



金茶色のオーロララメ花柄と金使いの帯揚帯締セット。
辻が花風織り柄にオーロララメの輝きを添えた帯揚げと、
ボリュームたっぷり金を組み込んだ丸組紐の「やまとオリジナル」の未使用セットです。

近年風シックカラーの晴れ着などにいかがでしょうか。
様々なシーンに少し大人の豪華さを添えてくれるはずです。
スポンサーサイト
最近、いろいろな夢をみますが
今日は「お金」。
13804733-M-imagenavi.jpg

@イメージナビさんから借用 http://imagenavi.jp/


お金の夢ってどんな意味があるんだろうと思うと

お金=愛情という風にとらえるようです。

逆夢のほうがいいという意味が多かったですが、

今回私がみたのは

他人さまからお金を積まれて昇進する夢。
なんとも驚く夢ですが、これはこれで意味があるようで、
発展を意味することもあるそうです。あとはエネルギーや知識が多くチャージされ
満ちてるということも。

おぉ。そういえば、昨日の取材でためになるお話や知らなかったことも学べたばかり。
知識がチャージされた証だったんですね。(^_^)v

お金は現実に増えてほしい。
これはコツコツがんばるしかないようです。
ファイト!マネー!おー!(爆)。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品





黒地に本金大和錦抽象古典柄の六通本袋帯。
いいものはいい。
一瞬でわかりますね。
垂れ始末内に「大和錦」の織り文字と、箱書きに「八代目澤屋重兵衛」の名・落款あり。

躍動感ある図柄は国宝東照宮の部分図柄をモチーフにしたもので
洗練された色使いとリズミカルな曲線を熟練の技法で丹念に織り上げた珠玉の逸品です。

こだわりの文様は気品に満ち、
そして個性を醸し出しています。

式典・お茶会などの他、格調高いコンサートや観劇などの装いにもお奨め。
皆が注目する帯であることはまちがいありません。

控え目に主張する本金大和錦の輝きはなんともいえない通の世界。
粋です。

2月もあと少し。
ほんと西向く侍の月は速すぎます(2・4・6・9・11)。

お花屋さんにも桃の花がみられるようになり、春はすぐそこまできてる……と感じます。
今年もだしました。
3月の桃の節句。

CA3F00270002.jpg

女の子のいるお家はきちんとひな壇、おひな様、飾っていますか?

ひなまつり、桃の節句は、なんと平安時代にはじまったそうです。
節句。実は日本には、桃の節句の他に五つの節句があるのです。

人日(じんじつ) → 1月7日「七草がゆ」

上巳(じょうし) → 3月3日「桃の節句」

端午(たんご)  → 5月5日「端午の節句」

七夕(たなばた) → 7月7日「七夕祭り」

重陽(ちょうよう)→ 9月9日「菊の節句」

9月の重陽の節句以外はみんな、それぞれ今も風習として
各地で残っています。
※もちろん重陽の節句の風習もあるところはあります。確か天皇家では続いているはずです。

節句という行事は貴族の間で
季節の節目の身の汚れを祓うものでした。

日にちから見てもわかるように「上巳の節句」が、現在のひな祭りです。

平安時代、上巳の節句の日は薬草を摘み、
その薬草で体のけがれを祓って健康・厄除けを願ったそうです。
そして、この節句の行事は宮中でおこなわれていた「紙の着せ替え人形」で遊ぶ「せいな遊び」と結びつき、
自分の災厄を引き受けてくれたその紙人形を川に流す「流し雛」へと発展しました。


室町時代にはいるとこの節句が3月3日に定まり
紙の雛は豪華なお雛様を飾って宮中で盛大にお祝いをするようになったそうです。

まずは宮中、武家社会へとお祝いすることが伝わり、
裕福な家庭や名主の家庭へと広がり、一般市民もひな祭りを祝うようになりました。

女の子の日として重宝されるのは厄除けの意味と宮中の華やかさ、お姫様のようにそだってほしいという
親心でもあるようです。
初節句、ひなまつりは「女の赤ちゃんの健やかなる成長と厄除けを願う行事」として
お七夜やお宮参り、お食い初めなどの行事と同様に扱われています。

ということは豪華にしなくては! と考える親御さんもいらっしゃるかもしれませんが
大事なのは気持ち。
赤ちゃんに対する愛情です。
小さくても、手作りでもOK。
お祝いしてあげる、厄除けしてあげる、見守ってあげるという親心が重要なのです。

もうすぐ3月3日。1日飾りにならないように、飾りませんか?おひなさま(*^_^*)。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



スワロ風石飾りや、下がり飾りがゴージャスな結い髪用かんざし2本組。

今風デザインがお洒落。和装・洋髪問わずに利用できます。

A・・・アジアンテイストの下がり飾り付き。

B・・・スワロ風オーロラ石付き。

それぞれどちらも景色あるよいお品かと(^_^)v



ひさしぶりに中華街を散策。

DSCF6113.jpg

春節の余波が残っている中華街。
どこかまだお正月雰囲気の縁起のよい風が吹いていました。

なにもせず路地でうろうろしているだけでもおもしろい中華街。
小さなお店をのぞくと「なんだこれは!」というものにも出会えます。


このストラップもそのひとつ。
元宝を琥珀で模倣したもの。
元宝(三元)とは帽子のような形しており、古代中国では金銀でこれを作り、貨幣として使用していました。
「三元」は解元、会元、状元の3つで、これが揃うこと、すなわち「全てが意のままになる」ことをあらわします。

科挙制度にも利用されていたようで、試験合格、資格得とくすることにも効果ありだと効きました。

その三元を琥珀でかたどったのは、黄色、金色は金運などもあげてくれるという意味があるそうで、
手にいれたときはにんまり。

今は自分の携帯でゆらゆら揺れています。
ひとめぼれしたひとつになりました。

もちろん、この他にも欲望を刺激するものがいっぱい。
お財布にはピンチ!
でも心はしっかり満足。

中華街はいついってもわくわくできる空間です。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



黒地に臙脂箔の菱つなぎと向い揚羽蝶柄の六通袋帯。
垂れ始末内に「九重錦・手織」とあり、歌舞伎文のようなお洒落感が粋ですねー。

臙脂箔の織り柄が地の黒と対象的な艶やかさをのぞかせて江戸風個性の装いがたのしめる1本です。
幅30.5cm、長さ440cm。
DSCF6082.jpg

和布のコースターに出会うと
ついじっくりみてしまいます。

飲み物の下に敷かれる、いわばお座布団。
個性いろいろあるし、素材もいろいろ。

服のセンスをみるように
コースターひとつでも
チョイスしてくれた人のセンス……だしてくれたときの気持ちが
伝わります。

今日は紫色が地の色のコースター。
組紐のような模様でかわいい。

そんなかわいいお座布団の上にちょこんと座る猪口も
なんだかうれしそうです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



渋色多色に更紗風縞柄の六通八寸名古屋帯。
中厚でしっかりとした織りと適度なしなやかさを併せ持つ帯地です。

シックで粋な色使いが落ち着きある年代の方々や渋好みの方はとびつく1本かと。

お太鼓裏と胴は表地同様色使いの縞柄のみとで、
手先は松葉仕立てです。

幅30cm、長さ345cm。
24節気

今日は二十四節気の1つ、雨水。


空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始める時期といわれています。
折しも、昨日は雪が舞い、そして溶けた1日。
春の足跡が少しは近づいてくるだろうと思っていいのでは? と思える今日のお天気です。

暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されており、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることができるそうです。

今月は2日に1度の雪予報という寒さ。
早く春がこないかと恋い焦がれます。

そろそろ春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もでてくれば
もう春はすぐそこ。

昔は雨水の日を農耕の準備を始める目安としていたこともあるそうです。

春への門がぎぃーっと少し開いた日。ひきこもりもそろそろ卒業です。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



鉛白地に淡いブルーグレイの更紗綾錦柄の六通袋帯。
モノトーンに近い極淡いブルーのお色が控え目な楚々とした洒落感があります。
垂れ始末内に「更紗綾錦」とあります。少し薄手の芯無し仕立て。
普段のお茶会など和事お稽古の装いや友達とのお出掛けなどに
すっきりとしたコーディネイトでセンスある着こなししてみませんか?

幅30.5cm、長さ416cm。
CA3F0014.jpg

買い物をしていると達磨さんの食材やお菓子類を目にすることが多くなりました。
世の中は受験シーズン&オリンピック。
「勝つ」というテーマに敏感時期ですね。
すいすい入るうどん・・・キャッチいまいち。

勝つおだし・・・えええええええ。

吹き出しそうになりましたが、真剣に選んでいる女の子がいて、慌てて口を押さえ。
レジで再び彼女に出会ったとき、手にはこの赤・緑の達磨うどんが4個のっていました。
なぜ「4」個なのかはわかりませんが、
真剣さが背中からも漂ってきます。

「がんばれ」と応援したくなりました(心のなかで)。
(でもこのだるま。すでに目が両目ともはいっているんですけれど・・・)

だるま:達磨大師が坐禅した姿に似せた張子の玩具。顔面以外の部分を赤く塗り、底を重くして、倒してもすぐ真直に立つようにつくられている。開運の縁起物として、願いがかなった時に目玉を描き入れる習わしがある。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



たっぷり節糸の紬八寸名古屋帯です。
赤×黒のコントラストが目をひきます。
たっぷりと織り込まれた節糸が味わいを醸す紬はやはりほれぼれしますね。

赤と黒の微妙な色合いがお洒落感を高めます。
手先は松葉仕立てでやや薄手の仕上がり。
気軽な街着に合わしてお出かけしてみましょう。

幅29.5cm、長さ350cm。


雪雲は流れ
お天道様が顔をだしたお昼すぎ。
雪化粧の世界もいいですが
やっぱりお天道様の世界がいっとう好き。


今も昔も人は光がある世界に恋します。
太陽の光の代行として重宝されてきたのが「鏡」でした。
日本の古代秘宝、三種の神器にも「八咫鏡」がはいっています。

この神器をもっているものが日本の王になれるということで
天皇家に代々伝わっているもの。
とはいえ、本物が現代まで残っていないのが事実。

国宝が眠る正倉院にも「鏡」があります。
螺鈿鏡

平螺鈿背八角鏡。
正倉院の北倉に存在する螺鈿鏡のうちでも良好に保存されている品です。
螺鈿(ヤコウガイ)や深紅の琥珀、トルコ石などで飾られた裏面は
当時の輝きをそのまま残しているといってもいいくらい
ため息がでるほどの美です。
八世紀前期~半ば頃、唐からの請来品であるといわれています。

八角形という形は縁起がいいというのが風水世界。
唐の時代もまさにその風水が色濃く影響していた時代なのでしょう。

この平螺鈿背八角鏡をもっていたのは聖武天皇のお后、光明皇太后。
光明皇太后が東大寺に宝物を献納した際にかかれた覚書「国家珍宝帳」に記載があります。
光明皇太后は毎朝、この鏡で自分をみつめていたのでしょうか。
喜怒哀楽を鏡はみていたんでしょうね。

鏡のことでひとつ。
鏡をふく場合は、下から上へがよいそうです。
さ、鏡の掃除。さっそくやりますか♪

下から上へ。ふきふきふきふき。
水あかなんてきれいにふきふき。

うちの鏡も平螺鈿背八角鏡のようになるかなああ(笑)。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



白地に細かな型染め柄の羽織。
シックなモノトーンの色調で江戸小紋風の細かな柄を染め上げたお品。
袖にはお手入れ済みと思われる躾糸付。

地味と言う程ではありませんが色使いや柄の細かさは年齢関係なくお楽しみいただけるかと。
白に銀の羽織紐付き。

絹混
裄63cm 身丈71.5cm 袖丈43.5cm 前幅16cm 後幅29cm




犬張り子 ザル

こういう狛犬。みたことありませんか?

日本では犬を祭るようになったのは
平安時代の宮中において狛犬を置いて身の穢れや災いを除く祓いの具に用いたのが始まりだそうです。

室町時代には大筥という張子の犬を産室に祭り安産をお祝いしていました。
このお祝いが後世に犬張子へと続いたといわれています。

犬は多産で安産であるので出産祝いや子供の成長祈願を祈って贈られるようになりました。
犬張子は江戸を代表する張子として有名になり、
デンデン太鼓を背負ったものは子供の魔除けとして好まれました。

デンデン太鼓に裏表が無い事から「裏表の無い素直な子供に育ちますように」との願いが込められているそうです。
また、ザルを被った犬張子は子供の鼻詰まりを防ぐといわれたとともに、
ザルは竹で出来ている事から「竹」という字の下に「犬」の字を重ねると「笑」という字になるということで
「常に笑いの絶えない明るい子に育ちますように」との意味があるそうです。

シャレた縁起物。
江戸っ子って、ほんと洒落てたんですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



鉛白と茜色切り替えに木の葉柄の六通八寸名古屋帯。
手先は始末なしの二つ折り、お太鼓部分返しは結び目側で簡易的に綴じ付けた仕立てです。

張りとしなやかさを併せ持った生地質は締め易すく、
やや抽象的な意匠は気軽に普段で使えそうですね。

幅30cm、長さ356cm。
IMG_0498.jpg

境界線というのは世の中にたくさんあります。
大きくいえば、国境。
見方をかえれば 心の境界。
いろいろあります。

神社の鳥居もそのひとつ。
鳥居から先は神様のいらっしゃる区域ですよという目印。

旅をしていると、鳥居をあちこちでみつけます。
神様周りにいっぱい。
そう考えると、背筋ぴーん。(^_^;)。

鳥居をくぐるとき、みなさんはどうされていますか?

無意識に頭、さげていませんか?
一度立ち止まり、帽子をぬぎ、頭をたれる。
「お邪魔します」という気持ちになります。
神様のおうちにお邪魔する・・・・・・ちょつと緊張してしまいますが
心がさぁっと爽やかにもなります。
そして鳥居をでるとき、再び一礼。


神域と人のすむ地域の境界線の鳥居。
最近は鳥居の下に車道が通っているところもありますが
車を運転している人もぺこり。

世の中に神様なんてという人もいるけれど
やっぱり日本人は神様をきちんと感じているんでしょう。

どこの鳥居をいっても、綺麗に掃除されています。

国境でもぺこりと頭をさげる気持ちがあれば
世の中から紛争なんて消えてしまうのかもしれませんね。
CMでもながれている
国の境目が生死の境目なんてことはありえなくなるはずです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



錆朱色地にシンプルシックな華紋お太鼓柄の名古屋帯。
六通地全体にも艶やかな光沢が覗え大振りの華紋柄をあしらったシンプルな意匠。
それなのに織りの繊細さにワンランク上の佇まいが感じられます。

お召しのシーンによっては軽い附下げから小紋までコーディネイトの幅があり、多様に使えます。
未使用です。

幅30cm、長さ353cm。




IMG_0477.jpg

畳があると幸せに感じませんか?
最近の日本文化ブームで外国の方々にも畳のよさが浸透しているようですが、
靴文化の方にはまだまだ畳は不慣れなようで、苦手としている方も多いそうです。
(正座文化が苦手……。でもそれは日本人も苦手ですけれどね)

旅先の旅館やホテルで畳の部屋があると
贅沢している気がします。
ビジネスホテルなどは洋室タイプがほとんどで、部屋のなかでは靴かスリッパ。
お風呂上がりにスリッパをはくのはども苦手で、ついつい違和感感じてしまいます。
だからこそ畳の部屋があるとそこにいりびたり。
素足で足をのばしたり、大の字になったり。

着物を着るときもフローリングの部屋よりも
畳の部屋がしっくりきますよね。

フローリングの部屋だと、埃などが気になり(掃除をしていても)
大布を1枚敷き、その上で着付けするパターン。
その点、畳だとそのままでも大丈夫という安心さがあります。

畳に清潔なシーツでくるまれたお布団があったら、
もうにんまり。幸せです。
みつけた瞬間、子供のように飛び込んでしまいそうになる。
はしたない!としかられますが、これはもう本能です。

我が家はフローリングにベッドという洋式スタイル。
(^_^;)
意に反している生活……でした。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




総絞り花柄がかわいい赤の絵羽織。
やや大きめの花柄が地色の赤と共に華やかな雰囲気があります。
優しいお色の柔らか物のお着物と合わせるなど
まだ肌寒い晩冬から春先などに楽しめる一品かと。
DSCF6030.jpg

これ、なんだかわかりますか?

「金銀満屋」家が金銀で満たされるという意味をもちます。
なんともめでたい意味合い。
これは中国の縁起物で、古いお金の形を模したもの。

日本でいうと、招き猫のようなものでしょうか。
本当は金色しているそうなのですが、これじたい古いものだそうで、
銀になっているそうです。
でも銀でもいいですよね。金がいいのはまちがいありませんが。

他にも中国での縁起のいい四文字熟語には

自営業の人には「生意慶隆」=売り上げがよくなるように

ギャンブルをする人には「横財就手」=賭け運がよくなるように

サラリーマンには「昇官發財」=出世して、お金持ちなるように

などがあります。

昨日の春節には「恭喜発財」という挨拶もあり、この意味は儲けてめでたいという意味があるそうです。

どんな四文字熟語にもお金が絡んで……なんともたくましい。
みなさんはどの四文字熟語に興味をもたれましたか?

私はやっぱり「金銀満屋」、もしくは……「生意慶隆」でしょうか。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



黒地に鮮やか多色の花柄帯と紐柄の六通袋帯。
垂れ始末内に「西陣織物組合」の素材表示と金銀箔糸仕様の取り扱いラベル付き。

黒地に冴え冴えとした多色使いの古典柄がコントラスト良く映えており、
はんなりとした華やぎを醸しています。
なんどみてもいいお品。

躾糸はかかっていませんが状態良くキレイな未使用品。
柄で埋め尽くさない意匠ながら 充分に豪華さがあります。

ハレの着物によいかと。
旧暦の正月。

今日は春節です。

中華街では昨日からイベントがはじまっているます。
2010春節 採青巡行
@横浜中華街HPより借用

春節カウントダウンは賑やかな爆竹で新年を迎える中華街のカウントダウン。
関帝廟で開催されているそうで、
今年から、媽祖廟では春節の前日に厄除けの神輿くぐりが行われます。
これは参加せねば!!!!!

■春節カウントダウン
2月13日(土) 24:00
場所:関帝廟
■厄除けの神輿くぐり
2月13日(土) 夕方以降(時間未定)
場所:横濱媽祖廟
※雨天中止
■ 関帝廟、媽祖廟の初参り
春節の開廟時間は、關帝廟、媽祖廟ともに
春節前日2月13日(土)9:00~翌2:00
春節当日2月14日(日)9:00~21:00、以降通常通り9:00~19:00

そして採青といわれる獅子舞の巡行。
この獅子舞に頭をパクリとされると1年よきことがあるんです。
以前、一度パクリとされました。
今年はどうでしょうか。

久しぶりのお天気。
皆さんも近くの中華街にでかけてみませんか?

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




シルクのショールとスカーフセット。
鮮やかなお色のタイシルクショールに
柄物のショールや大判スカーフをお付けしたセット。
ピンクグラデーションのショール(幅80cm×丈165cm)とピンク系花と動物柄大判シルクスカーフ(85cm×87cm)

春の装いに♪どうぞ。



はずかしながら
子供の頃から蝶々結びというものが大の苦手で
いつも立て結びになっておりました。

とある日。
それを告白すると
周りが全員「1回目と2回目で結ぶのをそれぞれ逆にするんだよ」と教えてくれた。
で、できたのが……

DSCF6013.jpg

綺麗な蝶々むすび。

またひとつ。覚えられました。
聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



金の帯締めに金銀黒骨の末廣セット
金糸使いの芯入り変わり組です。

少し細めながら存在感充分な帯締め。
金銀黒骨の末廣付とは豪華ですね。

やや黄色味の強い金色や細めなので
留袖の礼装用よりはフォーマル感とお洒落度のある訪問着などにいかがでしょうか。

DSCF5939.jpg

とある雑誌の付録?でしょうか。
本来なら雑誌を買わないともらえない冊子のはずが……
ある本屋さんおフリーペーパーゾーンに。

(v^ー°) ヤッタネ(でもいいのかな)

0円でいいもの手にいれました。
女性が大好きな占い、幸せ特集冊子。

フリーペーパー。あなどれません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



黒地に金の垣根に愛らしい多色花柄の六通袋帯。
金と濃い目多色がメリハリのある色使いが目をひく帯には
シンプルな花柄には若々しい愛らしさが漂います。

「西陣織物組合」の品質表示付きで、垂れ始末内には「金属糸使用の取り扱い説明」ラベル等もあり。
状態良く未使用品です。

柔らか物小紋のドレスアップ用や振袖を少し軽めに装いたいお席などにいかがでしょうか。
淡色系のお召し物と合わせると初々しい装いにも。

かわいい雰囲気がありながら、上質が漂う、素敵な帯です。





CA3F0015.jpg

歩いていると、ハッと立ち止まることありませんか?
自然しかだせない形、色合い、模様に。

人がどんなにがんばっても、精進しても
自然にはかなわないと、いつも痛感します。

自然はいつ、あの配色を模様を形を
学んだんでしょうね。

それは神様のみぞ知るということでしょうか。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



織りの花唐草お太鼓柄の八寸名古屋帯。
臙脂色紬地というのはなんともあでやかでシック。そして格式ある色です。
手先は松葉仕立てのお品。
少し渋めな装いは何歳になっても使えるということ。
横糸にはやや太めの糸を用いており、素朴な雰囲気がなんともいえません。
唐草模様もキュートでありながら、クラシカルと素敵な世界。
日本刀は美しいもの。
そのシャープさに東洋人のみならず、西洋人も心を奪われていたようです。
収集家、意外と外国の方が多いんですよ。

さて、そんな日本刀でご飯を食べるといったら、あなたは信じますか?

日本刀箸

これはあの仙台名君、伊達政宗さんの刀だそうです(レプリカもどき)。
箸置きにも家紋入りということで……
凝ってますよね。

この刀。
もちろん、切れません(笑)。


ご飯を食べるためのものです。

鍔のところが指にあたって、持ちにくい気もしますが、
歴史好きにとったら、そんなことはおかまいなしでしょうか。

価格も1000円前後。(場所によっては700円前後のものも)
政宗さんだけでなく、他の武将のものもあるようで、
お気に入りの武将の刀箸。一膳もってみるというのもおもしろいかもしれませんね。

なんといっても私達は……お箸の国の人ですもの♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



お花畑のようなお太鼓柄がかわいい紺地の名古屋帯。
名古屋帯としては丈が少し長めに仕立ててあります。帯幅もやや広め。
寸法出しの為結び目裏に別布を用いてその分を結び目表に足しています。
楽しげに並んだ花柄がカジュアル感あり、普段用のお洒落帯として楽しめるでしょう。
幅31cm、長さ380cm


部屋の片付けをしていると
でてくるでてくる。使っていないもの。


CA3F0013.jpg



ということ、ありませんか?

私の部屋もそう。
もちろん、着物関連で使っていないものはありませんが、
ついつい、洋服などもう買わなくてもいいんじゃないか?と思うくらい
でてきます。おかげでデッドゾーンいっぱい。収納はまんぱい。

そこで昨日、思い切って少し片付け。
冬物の上下いろいろと鞄をだして、ご近所のリサイクルへ。
いっぱいだして手元にかえってきたのは550円。
貯金箱にちゃりーん♪

さて、そんな片付けのとき、もう使わなくなった布鞄を発見。
中国の少数民族の古布をあしらった鞄で、昔はよくつかっていました。
でもファスナー部分が壊れてしまい、それからはそのまんま。
デッドスペースに鎮座していたひとり。
捨てるしかないんだけど、もったいない、少数民族の古布。
どうしようかなーと思いつつ、ハサミでその部分をチョキチョキ。
おぉ。かわいいコースターになりそう。鍋敷きでもいいし、ティータイムのときに敷いてもOKです。

( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ

形をかえて、セーフゾーンでしっかり働いてくれそうです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



ルビーレッド塩瀬地に美人と風景のお太鼓柄の名古屋帯。

こんな遊び心ある帯はめったにありません。
江戸の風情の堀川の景色に浮世絵風美人画を添えた手描き柄は
どこか浮世絵風。

地色は深みのある綺麗なルビーレッドはまたおもしろき色合い。
光の具合によっては様々な色合いにみえるでしょう。

前帯柄は片面が川越しの城景色、もう片面は庶民的な物売り風景と
使用のシーンによっていろいろ選択できます。

個性豊かな珍しい意匠。
遊び心のある装いにぴったりですね。
立春をすぎると各地で春をよぶ神事がはじまります。

和歌山県新宮市の神倉神社の「お燈まつり」もそのひとつ。


お燈まつり
@つられて飲もら、キリン!様より借用

燃えさかる松明を手に
一斉に石段を駆け下りる「上り子」たちの迫力は雄大で壮麗。
夜の世界に煌々と燃える姿は神々しさをおぼえます。

神倉神社は熊野速玉大社の管理下にある摂社で高さ100メートル近い絶壁の上に鎮座し、
ご神体は熊野の神が降臨したといわれる「ゴトビキ岩」。
その巨岩から続く鎌倉積みの石段が火祭りの舞台です。
。中ほどの広場「中之地蔵」はあの源頼朝の寄進といわれ、この地蔵から下の鳥居までは目もくらむ急坂を
一斉に駆け下りるのは勇気度胸も必要。
この坂の最高傾斜角は45度もあります。

お燈まつりは熊野の神を迎える新年の儀式。
だから上がり子も心身を清らかにして山に向かうのが毎年の恒例神事。
なので2月に入ると冷水をかぶり精進潔斎に励む宮司さんもいるとか。
また、締め込み姿で海岸に出て禊ぎをする上がり子も多いそうです。


潔白を表すように上がり子は全員白装束。
食事も豆腐や白いかまぼこなど白ずくめ。
上がり子はまず阿須賀神社、速玉大社、妙心寺を巡拝しなくてはなりません。
この三社参りですれ違うときお互いの松明を打ち合う姿は恒例で
これでさらに上がり子の連帯感、高揚感が次第に高まります。

19時をまわったころ、宮司さんがゴトビキ岩の下で火を切り出します。
御神火は背中に「神」と書いた「介釈」に守られ中之地蔵へまわり、やがて山上で待機する無数の松明に火がともります。
開門したとたん、鳥居から大きな炎がどっとあふれだします。
まるで炎の大波。そこには間違いなく神様がいると感じます。
この神事、そしてお山は女人禁制。でもかつて男装して神事に参加した女性がいたそうです。
男まさりというか強者ですね。(^_^;)。
しかしこれは神様への冒涜ととられ、大変だったとか。
女性は御神火を家に迎えて神棚に上げ、迎いの膳を用意するのが役割だそうです。

この神事を観覧する見物人は「結界」の太鼓橋から中に入れません。
なので、絶好ビューポイントは長年通う人の山ができています。

このお祭り。新宮市出身の詩人、佐藤春夫氏も一詩よまれています。
「ふるさとはお燈まつりの寒さかな」

寒さ、冷たさは今も昔も変わらないようですね。
o( ̄∇ ̄o))))o( ̄∇ ̄o))))o( ̄∇ ̄o))))o( ̄∇ ̄o))))o( ̄∇ ̄o))))


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



黒塗りに赤をあしらった駒下駄.

サイズは23cm、高さ5.5cm。
歯には滑り止めのゴム貼りがあり、黒×赤グラデーション化繊地の鼻緒などから
元々は爪皮がセットになっていた雨下駄かと。
木の素材・塗りなどしっかりとした良い品です。
爪皮を掛けて雨の日のお出掛けに心強い味方になりそうですね。



1968年京都生まれ。
世界のドンペリが認めた桶職人として今注目されているのが中川周士さん。
京都の大学で空間工学を学び、桶職人の家を継がれたという。

お父さんはなんと人間国宝の中川亀一。

弟子と師匠という立場と親子の立場などいろいろあるが

手習いの一!からしっかり学ばれたそうだ。

ドンペリが認めたのはシャンパンクーラー。
高野槙をつかった桶は香りもよく、しかも保温性もよく防水性もしっかりして
ワインの味も香りも消さないのが特徴だ。
このシャンパンクーラーの形を完成させるのに1年ほどかかり、その間も2度ほど諦めそうになったという。


素材の高野槙は木曽の山から年間10本くらいしか切り出されないもの。
もともと日本古来の木々だが、素材としては良質。
皇室の悠仁親王殿下さまのお印。

その高野槙でつくられたシャンパンクーラー。
ドンペリーのマークが焼き印され、世界中のバーや料理店からの注文が殺到しているものの、
1ヶ月に作れるのは30個。
ひとつひとつ中川氏の手作りだからのこのペースだ。
いいものを欲しいというのは誰もが思うこと。

日本の伝統職、桶屋が世界に認められ、評価されるのは同じ日本人としても
誇らしく、そして自慢したい気分である。

ちなみにシャンパンクーラー。8万円~。
これを高いとみると妥当とみるかは自分次第。

匠が作り出す桶は一生もの、代々伝えることができるアイテムになることは
間違いなし。

ちなみに京都の柊屋旅館さんでいただく湯豆腐は中川周士さんの桶が使われている。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080527/152421/?ST=clm_observer_PRINT


シャンパンクーラー、お風呂の桶など手がでないのなら

中川周士 
@http://glams.shop-pro.jp/ 素材:すず竹 2230円~

手元のお箸から……手にとってみるのもいいかもしれない。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紺地に赤の格子柄の小紋。
雨コート地のように表面が滑り良い生地で胴裏は少々やり繰りの絹布2種類。
裾廻しはエンジ色メリンス地、衿は棒衿仕立てです。

紺と赤の色合いが若々しく気取り無い印象。
ご自宅用普段着として気兼ね無くお楽しみください。

生地:化混 裄63cm、身丈152cm、 袖丈47cm、前幅22.5cm、後幅28.5cm









立春大吉

今日は立春。
月かわりでもあり、年かわりでもある日です。
凍るような冷たい空気もどこか気持ちいいのは、新年の証。

改めて本日より、新年が本格的にはじまるのです。

さて、今日、立春の日にしておきたいのが「立春大吉」です。

禅寺では立春の早朝、厄除けのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。
この文字は、縦書きすると左右対称になり一年間災難にあわないというおまじない。

禅宗じゃないから、関係ない!という方。
これ、意外と効果あるんですよ。

でももう、早朝じゃない!とか間に合わないという方。
ご安心あれ。
一番いいのは、今日の「立春」の日ですが、絶対に今日でないといけないというわけじゃなく、
今日から、二十四節気の1つの「雨水」の2月19日頃までに書けばいいのです。
なるべく早いほうがいいし、朝がいい。
なので、今日時間がーという方は明日、明後日、今週中のほうがより効果ありになるかと。

では単に書けばいいのか?というわけでもなく、
「立春大吉」には少し作法があるのです。

まずは、お風呂に入り体の汚れをおとして新品の下着を身につけます。
一度も着てない新品のもの。そして、山に湧き出てる「岩清水」が必要です。それが困難なら近くの神社のお水をもらってくるのもいいでしょう。
水量は、コップに1杯ぶんか2杯ぶんあれば十分。
そして、正座して、心を落ち着け、「今も賜る天津水(あまつみず)を天(あめ)の真名井(まない)の真清水(まさやけるみず)と受けしめ給え」って唱えながら、水をコップか湯呑みに注ぎます。

そしてその水の半分で口をすすぎ、残りで手を清めます。

ここからがお札づくりです。
この水を使って、精神を集中させながら墨を磨ります。
そして「神火清明(しんかせいめい)、神水清明(しんすいせいめい)、神風清明(しんぷうせいめい)」って呪文を3回以上唱え、火打ち石で火花を散らす。(さすがにこれは無理だと思うので「ぬぼこ印」を結びましょう。「ぬぼこ印」とは、陰陽師などでよく披露される形。みたことあるでしょう?利き手の人差し指と中指だけをピンと伸ばして、顔の前をイキオイ良く真横に動かす印の結びです。ふう、ふう、ふううっと息を吐きながら3回繰り返します)。

そして用意した半紙か和紙に「立春大吉」と書きます。
できるだけ左右対称になるように書くことが大事です。
書き損じても、それにも効力があるので捨てないように、1年間大切に仕舞っておきましょう。


つくった「立春大吉」の吉札は基本的には、玄関に貼るのが一般的です。
裏にのりをぬり貼りましょう。そして札を貼った場所の床に盛り塩を1週間。できれば「雨水」まではそのままにしておくとOK。

面倒くさい?と思われた方。

新しい下着なんかないという人はお洗濯したものでできるだけ新品に近い物でもOKです。
お水も神社が近くになければ、天然水などでもOKでは?

なにはともあれ、面倒くさいという気持ちでやらないより、
気持ちをひきしめる、気持ちをこめるというのが大事なのだと思います。

ちなみに、この「立春大吉」。昨年しなかったので、病気などかなり多くかかりました。お仕事も↓気味。
なので、今年はしっかり「立春大吉」をやろうと思います。
今日はもう時間がすぎたので(できれば10時までと思っているので)、今週中に。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



格天井刺繍柄のお太鼓柄名古屋帯。
珊瑚色×金と華やかな色合い。
六通に施された金のモダンに、格天井の刺繍柄が格調を添える一品です。

染めと刺繍をバランスよく配した花柄部分には奥行きがあります。
お洒落度のある附下げや訪問着ぎと合わせて、華やかなお席の装いとして
ご利用頂けることでしょう。ぜひハレの日にお楽しみください。

幅30.5cm、長さ358cm

節分といえば“豆まき”ですは、
西日本ではイワシを食べる習慣があります。

これは、邪気を払うためにイワシの頭を門口にさした習慣に由来しているのです。

節分イワシ



関西などでは柊の針で鬼の眼を刺し、イワシを焼く激しい煙と臭いで邪気を追い払います。

イワシの頭も信心から”という、イワシの頭のようなつまらないものでも信仰の対象にしている人には、尊い神仏と同じように霊験あらたかに思われるということわざもこの風習からきているとか。


元々、節分とは“節変わり”といわれていました。
立春・立夏・立秋・立冬の前夜をいいましたが、
室町時代の頃より寒い冬から暖かい春になる立春の前日が重要視され、いまにいたるそうです。

節分イワシ食事

イワシは、新鮮なものは生でも美味しく、又、重要な栄養を豊富に含み、病気の予防などにも大変効果的です。


季節の節目にイワシを食べ、豆を食べるという日本に残る伝統行事。
節分時期の寒い季節を健康に過ごすための……先人からの知恵のひとつでしょうか。

今日はイワシ料理も欠かせませんよ♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紬織りの風合いが魅力の八寸名古屋帯。
これ、蜜柑色なんです。素敵な色合い、見えますか?

キレイなオレンジ色とざっくりとした節糸の風合いが洒落ています。
暖かな手触りと適度な柔らかさが質の良さを覗わせる品です。

手先は松葉仕立てとなっており状態良くキレイな未使用品。
街着に合わせたお洒落用として、軽い締め心地で装いましょう。
今日は節分。
一年の節目の日。夜にはあちらこちらから「鬼は外、福は内、福は内」というかけ声が
きこえてくるでしょう。

正しい!節分の豆まき方法は前に記しましたが、
みなさん、覚えていますか?

忘れたという方。このブログ内に答えがありますから、もう一度!(^_^;)ごらんください。

さて、豆まきというと炒った大豆が常識だと思っていました。

大豆

でも、やはり地域性があるようで、関東より北部(なぜか長野もはいってる?)の地域では
豆まきの豆はなんと落花生というところがあるようです。

落花生



(⌒▽⌒;) オッドロキー(⌒▽⌒;) オッドロキー(⌒▽⌒;) オッドロキー(⌒▽⌒;) オッドロキー(⌒▽⌒;) オッドロキー

この差は雪に関係があるようで、
豪雪地帯で豆まきをすると
雪の上で大豆は小さく、みつけにくい。
そこで、同じ豆でも殻付きの落花生なら、大きさは倍以上あし、みつけやすく
しかも殻がついているので、外で拾っても、安全に食べられるという考えがあるそうです。

(●´∀`●)b(●´∀`●)b(●´∀`●)b(●´∀`●)b(●´∀`●)b賢い!

やはり生活上の知恵って、すばらしいですね。

ちなみに年の数だけ食べる節分の豆。
落花生は中身が2つあるからといって、それが2とはカウントされず
殻付きのままの形で1つだそうです。

食べ過ぎ注意!鼻血注意! 気をつけて楽しんでくださいね。
ヾ(@^(∞)^@)ノヾ(@^(∞)^@)ノヾ(@^(∞)^@)ノヾ(@^(∞)^@)ノヾ(@^(∞)^@)ノ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


黒塩瀬地に刺繍と染めの文唐草お太鼓柄の名古屋帯。
綴じ躾糸付の未使用品で、採寸・検品・撮影の為躾糸は外してあります。
笹唐草に幾何学的な丸文をあしらい独特の趣きが感じられる塩瀬好きにはおすすめです。

前帯は片面のみ刺繍が施されている仕上がり。
観劇・鑑賞などの装いなど個性的にたのしめる1本です。

幅30.5cm、長さ362cm。


DSCF5629.jpg

明日の節分のための豆と鬼(絵)。

きちんと玄関にかざりました。

鬼の絵を下にしいて、枡の上に豆をおいて……。

明日の節分。厄はらい準備OKです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




黒×ブルーラメ地に織りの抽象柄の小紋着尺地。
全体の横糸にブルーのラメ箔糸を織り込み、飛びに抽象柄をあしらったキッチュなお洒落感たっぷりの着尺地です。
肩山から裾までの裁ち切り身丈170cm×4、
袖山からの裁ち切り袖丈が57cm×4、裁ち切りおくみ丈156cm×2。
お着物の他、小物・その他へのリメイク用などにご利用できるかと。
自分らしいアレンジをお楽しみください。

どこかのCMのキャッチではありませんが、今、この寒い冬こそ
京都が一番面白い時期なのです。

3月22日まで、普段非公開の仏像やふすま絵、場所などが特別に公開されるという
おいしい企画があるのです。
しかも1箇所600円~。

京都非公開44回 期間

詳しくはHPで。(http://www.kyoto-okoshiyasu.com/see/wi_hikoukai/index.html)

滅多にないチャンス。
これはみておかねば。一生の損。

ゆっくり京都をめぐる時間。
人もすくない時期。
寒い寒い京都だけど、
心がじんわりあたたかくなる、胸がときめきどきどきする
いにしえの宝に出会えるそんなひとときが味わえるはずです。

もちろん、着物でのんびり散策するのが一番ですよ♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紫地に幻想的な刺繍と箔の丸柄の八寸名古屋帯地反物。
京都「いづくら」のお品で、しっとりとした紫地に蒔絵風と繊細な駒取り刺繍で柄を施した
状態の良い帯です。

シンプルながら幻想的で味わいのある柄が大人の雰囲気。

小紋や軽い附下げなどに合わせた装いをお楽しみ頂けることでしょう。

比較的お仕立ても簡単な八寸で、記載帯丈はほぼお仕立て上がりの寸法です。

節分、豆まき方法その2

「豆まきが終わったら」
・豆をまいた人に声をかけてねぎらいましょう。ご祝儀(500円以上)を出すべきです。
・お金に厄が付いているので、自分の厄を相手に渡していることになります。
・ご祝儀をもらった人はそのお金で食事をしたり買い物をすることで、身体に付いた厄を払うことができます。
・一人の場合は、自分宛てにご祝儀を用意。やはりなにかに使ったほうがいいと思います。


「寝るとき」
・余った豆は白い紙にくるんで、枕元に置いて寝ると願いがかなうそうです。

「願いごと別の豆の数」
 
「家内安全」:数え年の個数
「健康運」:数え年+3コ
「恋愛運」:数え年+4コ
「懸賞・宝くじ運」:数え年+6コ
ただし願いは1つにすることが肝心。自分にとって一番大事なものを選びましょう。
・白い紙に包み、裏をセロテープなどでとめ、表には「名前」「数え年」を書く。


「数え年の計算」
・今年の誕生日を迎えた人:満年齢+1
・まだ今年の誕生日を迎えてない人:満年齢+2

節分をしっかりして、もちろんお掃除もして♪
よい立春を迎えましょう(^_^)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



梅鼠色縮緬無地の丸帯。
鬼ちりめん程ではありませんが少しシボの粗いしっかりした縮緬地。
両端のオランダ線以外は一切の装飾が無い芯無し仕立ての品です。
渋好みの方の心をくすぐる色合いではないでしょうか。
幅30.5cm、長さ388cm。



明日はいよいよ節分。
本来、節分のあとの2月4日が真の年明けだといわれています。
みなさん、その前の3日はいわば大晦日。

え!また掃除しなくちゃいけないの?と慌てた方。
掃除はいつもしてください(^_^;)O

そこで、節分のただしい豆まきなどの方法を今回はご紹介いたしましょう。
「時間」
・まき始めは日没時。日没の時間に家にいない場合は、帰ってから23時までに。23時過ぎは、子の刻で「立春」となります。

・日没後に鬼などの悪い気が出てくるので、出鼻をくじくためにまきます。


「掛け声」

・「鬼はー外」を3回、「福はー内」を4回。
「鬼は外、福は内、福は内」というかけ声でもOKです。

・風水的に3は、元気な数字。今年の元気のいい、縁起のいい数字は1・2・3でもあります。
・風水的に4は、人間関係やお金の縁を引っ張ってくる数字です。
・4-3=1で、1の福を残すようにすると最高でしょう。

「豆まき 方法」
・各部屋ごとに豆をまく。トイレも1部屋と数えます。
・「鬼はー外」で窓を開けて、部屋の外にもまきましょう。「福はー内」で部屋の中心にまきます。
・東北の部屋から始めて、時計回りに一周し、豆まきをしましょう。
・最後にもう一度、東北(鬼門)と東の部屋にまいておきます。

さ、みなさん。用意は大丈夫ですか?
節分の豆。まだ手にいれていないようでしたら、お早めに♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



アップルグリーン地に織りの絵羽柄の羽織。
織りの絵羽柄がフォーマルな上質感を醸す
きれいな青りんご色の品。
箔糸使いの花柄が独特の華やかさがあります。

袖丈も羽織としては少々長め。
華やかなお席用・お洒落用としてお使いいただけます。
未使用で羽織紐付き。

裄66cm、身丈73.5cm、 袖丈54cm 
2月のことを如月といいます。
きさらぎ。
実は「衣更重」と書くこともあるそうです。
1年のなかでも一番寒い月が2月。
あまりの寒さに着るものをさらに重ねて着る季節ということだそうです。

確かに……
昨日の2月1日は都心も大雪(大雪といっても3センチ程度ですが)となり
寒い寒い1日でした。
今日は雪は舞っていませんが、お空はどんより。
積もった雪もまだまだ溶けそうにありませんね。

如月、衣更重。

しっかり意味があってる言葉です。

もしかしたら、他月も意味のある文字があててあることもあるかもしれませんね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紺×銀六通地に銀の刺繍木の葉お太鼓柄の八寸名古屋帯。

紺と銀グラデーションの綾織風地に銀糸の駒取り平埋め縫いの刺繍木の葉柄が艶やかな光沢を放つ
名古屋仕立ての八寸帯です。

やや薄手のお仕立てとなっており、帯幅・帯丈共にたっぷりサイズ。
軽い附下げなどに合わせた装いなどに素敵にあわしていただけると思います。

タオルってみなさんにとってどのような位置をしめますか?
体や顔をふくモノ、掃除でつかうモノ、まくらの上にかぶせるモノ……etc
いろいろあります。

今ではタオルは100円で購入できるお手軽なアイテムですが、
昔は高価なアイテムでもありました。

結婚式などでも引き出物になっていたこともあったのです。

お風呂や温泉地でいただくタオルも思い出のひとつになりますが、
どこか薄っぺらくありませんか?

真に気持ちいいタオルって、ふわふわで、しかも厚みがあり、軽いんです。

CA3F0017.jpg

タオルの産地というとすぐにわかる方、いらっしゃいますか?
四国は愛媛県、今治市は昔からタオル産業地で、国内のほとんどのメーカーがここに集います。

いまでは今治タオル(http://www.imabari-trc.com/imabari-towel/)というブランドもたちあげ
国内はもとより、世界中に今治タオルの愛好家がいるのです。

なぜ今治にタオル産業が花開いたのでしょうか。
愛媛の織物について歴史を遡ってみましょう。
今から1200年前、奈良朝聖武天皇の時代にアシギヌという絹織物が伊予国越智郡から献納されたのが歴史舞台に愛媛の織物が顔をだします。その織物はあの正倉院御物の中に現存しているほど、貴重なものと大事にされていました。

その後、8世紀の終りの平安時代に三河国に漂着した外国船によって綿花の種子がもちこまれ、
西日本の温暖な国々で栽培されるようになりました。
18世紀の江戸時代に入ると、今治地方では白木綿=綿織物が生産されるようになり、
19世紀には松山の鍵屋カナによる伊予絣が生まれました。

明治時代、白木綿がしだいに衰退し、このままでは駄目だということで
矢野七三郎氏が綿ネル技術を今治に導入、明治19年綿ネル製織を開始しました。

ここから今治タオルの歴史は始まるのです。

明治27年に阿部平助氏が綿ネル機械を改造して、タオルの製造をはじめました。
明治43年に麓常三郎氏により、タオルを同時に二列織る機械が考案され、
大正元年には中村忠左衛門氏により大衆向けのタオルが開発されました。

大正13年頃には愛媛県工業講習所(現愛媛県産業技術研究所繊維産業技術センター)の技師であった菅原氏の指導により、高級なジャカード織りの今治タオルが生産されるようになるのです。

タオルって安い織物!というイメージが強いかもしれませんが
実は優れた織物であり、
日本の産業革命によって、たくさんつくりやすくなった織物の象徴といえるでしょう。
その織物が今の私達の生活でいつも身近にあるのです。

タオル1枚。そう考えると使うとなんだか感慨深いものになりますね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



サーモンピンク地に横段箔と花丸古典柄の名古屋帯。
少し濃い目のサーモンピンク地に金とオーロラの横段箔や古典柄が気品あふれる意匠。
柔らかな色柄は、附下げ・色無地などの準礼装用にもお奨めで、お見合いの装いから
20代~30代の方向きではないでしょうか。
未使用です。

袋帯に準じたご使用で幅広くご使用頂けることでしょう。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。