プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「これあげる」

と手の平にのせてくれたのが色鮮やかなトンボ玉。

CA3F01130001.jpg


2センチあまりのガラス玉にかわいい花が咲いている。
玉の真ん中にあいてる穴をのぞいてみると、ガラスのなかはアリスインワンダーランド♪
愉快な仲間がのぞいてる。

さて、このとんぼ玉、どうしよう。
このまま飾ってると、どこか転がっていきそうだし、
コロボックルさんが隠してしまいそう。

紐をとおして、根付け。
革紐をとおしてネックレス。
帯締めにするのもアリだなあああ。

たったひとつのガラス玉からいろんな想像ができる。
黄色の紐だとキュートな雰囲気になるし
黒の紐だと小悪魔的な魅力でそう。

黄緑のトンボ玉はシックに知的な雰囲気があるしね。

小物ひとつだけでも楽しめる。
これが昔からの女性の特権。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



グレー×桃色染分けに小桜柄のお洒落な小紋。
ややシボ感のある紋縮緬風地にグレーとピンクの染分けグラデーション、
僅かに銀を添えた芝草・小桜や鹿の子などの柄が花霞のような華やぎで今風の趣きがあります。

サイズもたっぷりと大きめで、合わせる帯や小物次第で雰囲気かわることでしょう。
年明けから桜の季節までの期間(今は時期はずれ)、ぜひお楽しみください。

生地は正絹。裄67cm、身丈161cm、 袖丈49cm、前幅24.5cm、後幅30cm。
スポンサーサイト
沖縄へいくとどこでもみかける、シーサー。

IMG_0775.jpg

初めて沖縄へいったときも
何度も沖縄へでかけたときも

そこにシーサーはありました。

シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣。
家の屋根など建物の門、村落の高台などに据え付けられ、
家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けをもっています。

名前は「獅子(しし)」を沖縄方言で発音したものだそうで、沖縄の八重山諸島ではシーシーともいうとか。

スフィンクスや中国の石獅、日本本土の狛犬などと同じで
源流は古代オリエントのライオンもしくは犬と伝えられています。

どうりで、初めて見たときに狛犬に似ている……と思ったのは間違いなし。
今、シーサーというと対、ペアがあたりまえになっていますが、
元々は単体で設置されていたそうです。

しかし、本土の狛犬の様式の影響を受けて、阿吽像一対で置かれるようになったといわれています。

阿吽の違いにより雌雄の別があり、各々役割があるとする説がありますが、これは近年になって創作された俗説である可能性が強いようです。

今のように各戸の屋根の上に置かれるようになったのは、庶民に瓦葺きが許されるようになった明治以降。
それまでは、寺社や城の門、御獄、貴族の墓陵、村落の出入り口等にしか許されませんでした。
それくらい神聖な守り神だったんですね。
シーサーの材質は石や陶器、漆喰が基本でしたが、最近はコンクリートや青銅製、木材のものもみられるようになっています。

我が家にも沖縄へいくたびに購入してくるシーサーが数体。
いくつ増えるか……
招き猫&シーサーは減ることはないようです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



濃紺で量感たっぷりの総絞りの兵児帯。
たっぷりの量感でご自宅でのくつろぎ着用としてご使用はいかがでしょうか。

通常の絞り兵児帯と違って結ぶとモコモコになりますので、幅を三つ折りにしてから
腰紐の上にくるくると引っぱり気味に巻きつけ端を内側に押し込めば絞りが
ゴムのような役目をして仕上がりの手間いらずかと。
結び目も無くすっきりとご使用頂けます。

素材は正絹。幅31.5cm、長さ236cm。
  
歌に『亜麻色の髪の乙女』があります。

CA3F01070001.jpg

今日は雲ひとつない青空。
綺麗な色。
気持ちいいです。

この空の色。日本伝統色でいうと『天色』というそうです。
(http://www.colordic.org/w/)

素直なそのままの表現。

日本の表現って、やはりすばらしい♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




白塩瀬地に刺繍の姉さん人形のお太鼓柄の名古屋帯です。
染めの多い塩瀬帯には珍しくふっくらとした刺繍柄のお品です。
前帯は片面のみ花かんざしの柄付け。

お太鼓柄人形着物の麻の葉と鹿の子柄部分は相良刺繍が施された手の込んだ意匠。

生地質もしっとりとして柔らか味のある質の良いお品で結びやすいかと。

生地は正絹。幅30.5cm、長さ350cm。

DSCF7008.jpg

深紅の薔薇は気高く美しい。そして近づけない高貴さが漂います。

まるで血潮のような色。
太陽の黒点って近くでみるとこんな色なのでしょうか。

たくさんある薔薇のなかで、みとれてしまう魅力がありました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




メノウ色地に菊のぞきと桐亀甲柄の六通袋帯。
繻子地風のしっとりとした光沢を帯びた地に金銀使いの古典柄。

深い赤と金銀のコントラストで少しアンティークの趣きも漂わせ印象的です。
晴れ着などの2本目の帯としてや附下げ・色無地用などでお楽しみください。

適度な柔らかさがあり、締めやすい一本です。

生地は正絹。
幅は31cm、長さは406cm。
日本にある独特の色合い表現。
日本伝統色というそうですが、全部で465色の色名があり、これをみているだけでも面白いものです。

http://www.colordic.org/w/

DSCF6851.jpg

今の時期に広がる色は淡萌黄
うすもえぎ色。

DSCF6849.jpg

みているだけで元気になれる……
大好きな色。

数多く色合いが楽しめる季節。
日本伝統色をみつつ、なんという表現があるんだろうと考えて散歩するのもいいですね。

DSCF6848.jpg

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



若竹色地に地模様柄の色無地。

古典柄の地模様も色もキレイで、お茶会やお宮参りにご利用されると良いでしょう。

縫い取りの一つ紋付。共布のバッグがあります。

生地は正絹。裄63cm、身丈146cm、 袖丈44cm、前幅23cm、後幅27.5cm


DSCF6755.jpg



この場所に昔から人は憧れていた。

雨あがりの先斗町。
艶っぽいこの空間……ため息さえ、色気にかわる。

雨宿りをしていた酒呑みたちが、次の宿り木を求めて、からからと扉をあけてでてきます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紺色にシャープな細葉柄の六通紗名古屋帯。
夏帯です。
薄手芯を用いた軽い仕上がり。
紺単色にシャープな細葉を織り上げたシンプルな意匠がすっきりとして
年代を問わずコーディネイト次第で幅広い方々にお薦めできます。

夏の気軽なお出掛けからよそゆき浴衣などにも合いそうな雰囲気。
夏向きにトンボ玉の帯留などでちょっぴり遊び心を添えた装いを楽しんでみませんか?


胡蝶

先日、伊勢神宮に参拝したときに、舞楽が奉納されていました。



胡蝶

舞楽は大人が舞うのが通常ですが、中には子供だけで舞う演目もあります。
この『胡蝶』もそのひとつ。

延喜六年、906年に、宇多上皇が童相撲に行幸された時、
曲を山城守藤原忠房が作り、舞を式部卿敦実親王が作ったといわれています。

この二人は、右方舞の代表的作品「延喜楽」の作者でもあります。
しかし一説に敦實親王作とも伝えられ、この他にも作曲があるといわれています。

内容的には胡の国の蝶が喜々として遊ぶさまを舞にしたそうで、
左方の「迦陵頻(かりょうびん)」が番舞(つがいまい)の童舞。

愛らしさのある舞は時をはるか彼方の雅な世界へいざなってくれました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紫色地に絞りと染めの扇面柄の六通昼夜袋帯。
味わいのある薄手紫色地に裏は黒繻子地の昼夜仕立てのアンティークという素敵な一本。

霞扇面を絞りと染めであしらわれ、オシャレさばっちり。
生地質・色柄などの意匠もアンティークならではの粋も感じられすね。
角出しなどの帯結びも素敵にお楽しみください。

生地は正絹。幅31cm、長さ376cm。
着物は日々着てこそ、なんぼのもの。
そうだと思うがなかなかそうはいかない。

とある日、とある会場で、仕事着で着ている女性を発見。

DSCF7029.jpg

動きやすそうな着付けに思わず目がいきます。
そして袖口から見える襦袢の柄。
赤いラインがキュート。そしてどこか涼しそう。

こういう着付け、大好きです。
自分だけが楽しむのではなく、お客さんを楽しませてくれる、もてなしの心。

今度着付けするときは、そういう気持ちをもってのぞみたいものです♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



洗い張り済反物 3反。
アンティークのお着物を解いて洗い張りの済んでいる布地です。

つるし雛・パッチワークなどの手芸用やインテリア・その他へのリメイク用布としてご利用ください。

古布ならではの色柄や質感でお楽しみ頂けるとでしょう。


A・・・鮮やかなブルーに矢羽根柄絽。
白柄部分に汚れ残りと色移りあり。

B・・・ピンク地糸菊柄、胴裏地付き。
シミ跡あり。

C・・・浅葱色雲柄。

B・Cはキレイな部分を活かして半襦袢の袖などにもおつかえいただけるかと。
ひとやすみ……。

5月の薔薇は美しい。

DSCF6997.jpg

ながめているだけで、華やかになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



赤絞り風ドット柄のカゴ付き巾着。
かわいいですね。
お祭りや花火見物のなどの夏の浴衣姿から、お正月の初詣や普段のお稽古事まで
お気軽にご使用頂けるカゴ付きの巾着かと。

サイズは底17cm×12.5cm、高さ15.5cm。

細かな絞りのような織りの赤地がちょっぴり落ち着き、愛らしさをひきたててくれます。

アクセケースにもなる小さな花柄がま口もうれしいアイテムかと。
金継ぎ
DSCF7065.jpg



金継ぎ。または金繕いともいうこの直しの世界。

破損した器などを漆や木型で補修し上から金を蒔くことをいいます。

自宅にある器などは安いものなので、ヒビがはいったりかけたりすると
すぐに捨ててしまいますが、
やはり金継ぎされているものをみると、ハッと目が奪われます。

割れや欠けた器の傷をあえて隠さず、修復し景色にみたてて楽しむ日本人ならではの粋な感性。
古来よりいろいろな方法が施された文化財も数多く残っていますね。

一般的には破片を漆でつなぎ合わせ成型した上に金、銀、白金を蒔き仕上げますが、
かなり手先が器用でないとうまくいきません。

そんな金継ぎを学べる教室があるそうです。
サラーム釉花という場所である金継ぎ教室。(http://www.salarmyuka.com/kintsugi.htm)

学んでみたいと思われた方。ぜひ、この教室をのぞいてみてはいかがでしょうか。

場所は……名古屋です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



ラセットブラウンのクラフトバッグとブレスレットのセット。
バッグ用に開発された紙紐で籐のように編み上げたカジュアルなバッグはこれからの夏向きです。

留め具部分のバンブーも雰囲気ぴったり。

サイズは幅約25cm、本体高さ23cm、マチ幅7cm。

浴衣などでの夏の気軽なお出掛け用としてもお薦めですね。

和装・洋装を問わずお持ち頂ける為、バンブーをデザインした虎目石(タイガーアイ)風の
ブレスレットを腕につけて、夏を楽しんでみませんか?


最近は携帯メールやパソコンメールと便利な機能があふれています。
そのおかげで、文字をいつ書いたか覚えていらっしゃいますか?

字は書かないとどんどん退化するもの。
筆跡もかなりへたくそになっていませんか?
かくいう私もそのひとり。
人前で書く字が、ほんとお恥ずかしい限りです。

手紙や葉書を書くのも最近はとんとなく、
あれほどマメだった自分はどこへいったのか。

手紙というすばらしい文化から離れているようです。
でも改めて、お手紙というとかなり気合いが必要になりますが、

ちょっと一言だけというと少しは気が楽に?なりませんか。

そんなときに便利なのが一口便箋、ポチ箋です。

CA3F01070002.jpg


てのひらにのるような大きさの便箋しかなく、そこに思ったことを綴ればいいだけ。
面倒くさがり屋でもこれなら?できるでしょう?

私も久しぶりにペンをもって、ひとこと便箋、書いてみます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



錆朱地に織りと染めの童子お太鼓柄の八寸名古屋帯。
手先は松葉仕立て、お太鼓部分は垂れのみ。
ヘリかがりを施した二重に見えるお仕立てです。

通常染めの多い童子柄ですが、腹巻・床几・烏帽子や独楽の部分に
ラメ糸を用いた刺繍のような織りをあしらっており、ちょっぴり豪華な雰囲気。

ちょっと小粋な帯の締め方で楽しんでみませんか?

生地は化繊。幅31cm、長さ363cmです。
すっかり怠け癖のついている自分に喝をいれたい。
そんなとき、オススメのアイテムをお教えしましょう。


CA3F01060003.jpg




『はりみ』。

和紙でつくられた「ちりとりの原型」です。
昔、どこの家にもひとつはあったもので、
どこかなつかしく感じるのは、そんな思い出だからでしょうか。

和紙に柿渋を塗ったもので、
この「はりみ」という名前は「実がはいる」ことを意味をもち、身が入るという縁起な品でもあります。

紙で出来ているので、静電気が発生しないので、髪の毛などのゴミが張り付かない優れもの。
よくあるプラスチックの塵取りは静電気が発生し、塵取りに張り付いたゴミが取れなくて結局、手でとるということありますよね。

紙だけど、柿渋のおかげでかなり丈夫。
柿渋を紙に塗って乾燥させると、硬く丈夫になるそうで、
昔から傘や団扇の塗りに使われていたそうです。

暮らしの知恵ですね。

仕事や勉強に身が入らない人、お子様がいる方。
お部屋の片隅にこの『はりみ』をおいてみませんか?

あ……自分も必要でした(^_^;)。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



茜色と多色の粋な縞柄の二部式帯。
ふっくらとした芯入りの少し古い印象のお品。

胴は紐ではなくマジックテープ留めとなっており、胴を巻いた後背に留め具で乗せるだけの
簡単装着タイプは初心者はもちろん、忙しい人にもうれしいもの。

ややシボ感のある縮緬風地に、明るめシックの縞柄が年代を問わずご利用頂ける気取りのないお品となるでしょう。

生地は化繊。幅28cm、長さ147cm。
シロツメクサ。

CA3F00920013.jpg

春も後半になると白い花をつけるシロツメクサ。
小さい頃は花冠などをつくった記憶があると思います。
白い小さい花がいくつも重なり、ぼんぼり形がかわいらしいのですが、
なんと、このシロツメクサの花言葉は


その姿から想像できない意味でした。


「復讐」

チャチャチャーン、チャチャチャーン(火曜サスペンスのテーマソング)←古!

復讐とはおだやかでない。
他には……
「約束」「私を思って」

う~ん。けっこうシビアですね。

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

シロツメクサの花束をプレゼントされたら
ちょっと……考えてしまいます(笑)。

さて、シロツメクサには赤い色のものもありますね。
こちらは「勤勉」「実直」という意味があり

なかでも濃赤の花は「華美でなく上品」という花言葉となります。

赤いシロツメクサ。子供に渡せば、ガリ勉さんに、旦那さんに渡せば、誠実な夫になりそうですね。
o(*⌒―⌒*)oo(*⌒―⌒*)o


ちなみにシロツメクサはクローバー。
クローバーでいうと四つ葉のクローバーが有名です。

幸せのクローバーといわれるとおり、
花言葉には「幸福」という意味がありますが、
裏の意味もやっぱりある。

それは……


「私のものになって」


四つ葉のクローバーを探している、そこの貴方。
あなたの気持ちは?
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



ピンク地に花柄の絽単衣小紋。
暖色系の優しいピンク地や手描き風花柄が初々しい、アンティークの夏着物は夏の花になるかも。
夏ももうすぐ。今年は夏着物デビューしてみませんか?

絹混。裄63cm、身丈148cm、 袖丈51.5cm、前幅23cm、後幅29cm。



朝の一杯。

CA3F00910007.jpg

お煎茶いただきながら……といいたいところですが、
これ、珈琲缶です。

プレゼントでいただいたお品で、お気に入りのひとつ。
おいしい珈琲を、有田焼などのカップでいただいております。

毎朝の習慣。
今日もアロマの香りたつ、おいしい一杯で目が覚めました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




花田色地にろうけつ調抽象柄の綿紬六通八寸名古屋帯。
明るめのブルー地に黒い細線がろうけつ調の雰囲気に仕上がっている抽象柄の綿地染め帯です。

素材などから夏の普段着用や気軽な外出のよそゆき浴衣用などのひと品としていかがでしょうか。

生地は綿。
幅31cm、長さ339cmです。

自然・天然・ミネラル豊富・最高・最低・太古・古代
この表示がNGとなったものがあります。

それは……

塩は料理に必要な必須アイテム。
ここ数年、自由競争の影響で多大な塩があちこちから販売されました。
その結果
上のような表記が乱列し、誇大表示がNG!ということとなり、
食用塩公正取引協議会で正しい塩につけられるマークが決まりました。

塩マーク

http://www.salt-fair.jp/

この塩マークがついているものが適正と判断された塩ということになるそうです。

購買のときの目安に……といわれていますが、自由化される売買競争も大変ですね。

ちなみに、日本の塩世界に「天然・自然」という表現はありえないというのには驚きました。
理由はひとつ。日本国内に岩塩などの自然塩はないそうです。(あ!自然ってつかってしまいました)

またひとつ。勉強になりました。

ちなみに、平安時代、時の権力者が「この世で一番うまいものは何か」という問いに
女御のひとりが「塩」と答えたことがありました。

清少納言か紫式部か……あぁ。うろ覚え。時ははかないものです。m(_ _)m

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



黒地に絞り枝葉柄の絵羽織。
極細かな銀杏の葉を散らしたような地紋柄で黒地自体にも表情があります。
少な目の絞り柄が引き立ててくれます。
品ある雰囲気。お茶会などにいかがでしょうか。

正絹 裄66cm、身丈72cm、 袖丈46cm。





大相撲 五月場所。(http://www.sumo.or.jp/)

大相撲五月場所



今場所はいったいどんなドラマがあるんでしょうね。

いつか枡席でゆっくり相撲鑑賞したい……。

ちなみに懸賞金(封筒)は1本6万円だそうです。(3万がお相撲さんへ。2.5万円は源泉徴収)あれ?5000円は?(笑)

懸賞旗はかなりそれなりの金額です。
手がでないけれど、懸賞旗のデザインって眺めているだけでも面白いですよね。

それが目当てで相撲番組をかけているときがあります。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




赤銅色紬地に織りの花柄。お太鼓柄八寸名古屋帯です。
侘びた色合いが趣きを醸す紬地のお品。

ざっくりとした暖か味のある織り地が魅力。
未使用です。

丹念に糸を寄せた手織りの風合いが優れた工芸性を感じさせ、幅広い層の方々の
お洒落用としてお楽しみください。
やや帯幅が広めです。

正絹 幅31cm、長さ349cm。
中国の明代に書かれた『三国志演義』。
後漢末・三国時代を舞台とする時代小説、通俗歴史小説です。
四大奇書の一つに数えられており、学生時代、けっこうワクワク読みました。

その『三国志演義』が日曜日の朝、アニメとなってみることができる。

三国志演義 

日本人は曹操というと悪役?敵役として認識されていますが、
私は曹操も大好き。
野心多けれど、未来をきちんとみていたと感じるから。

劉備よりはできる政治家♪
関羽や張飛、孔明がいなければ、きっと劉備は世にでてこなかったはず。
関羽と趙雲が好きなのは♪今も昔も変わりません(ミーハー)

番組のなかでは漢詩などもでてくるし、当時の風習もわかりやすく紹介されているから
歴史勉強にはもってこいかと。

それにしても当時の衣装、誇張しすぎてるけれど、
今よりもあでやかで、色つかいが綺麗だったんでしょうね。

タイムマシンがあるならば、覗いてみたい時代です(戦乱はイヤですけれども)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




錆朱地に麻の葉柄の着物バッグです。たとうシート付き。
着物一式から、小物・草履までそっくりセット出来る和装用の衣装バッグはなにかと重宝。
サイズは幅31cm、本体高さ43.5cm、マチ幅9cm。

ファスナーを開くとたとう紙が入る寸法で、内ポケット2ヶ所と外ポケットが一ヶ所付き。
お着物の片付けや着付けの際の下敷きとして重宝な厚手和紙製のたとうシート(103cm×164cm)が付きは
見逃せません。

旅行をするときに便利です。

五月にはいり、町並みにツツジが綺麗に咲き乱れています。


CA3F00930007.jpg

ツツジといえば、館林。
館林に住んでいる呑み仲間Tさんが「今が見頃だよ」と教えてくれました。
行きたい……。
週末などは人がいっぱいみたいなので、平日、観にいこうかな。

館林まで。電車で……2時間?1時間?
その辺はTさんにきかなくては。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紺地縞柄の印半天用紐。
商業用やお祭り用に使われる名入れの揃い半天用の未使用紐です。

両端はピンキングの裁ち切りですが未使用。

実際の半天紐としてのご使用の他、バッグ類の肩紐など
リメイク用素材としてのご利用もよいかと。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。