プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
着物収納といえば、
やはりもっておきたいのが桐箪笥。

 風格あるものはそれなりのお値段が・・・140000円。でもお買い得かもしれません。


高いものになると数百万円以上のものもありますが、

今はお手頃価格な品物も多いですね。

 この大きさで15015円です。



お持ちのお着物のためにも、
やはり一竿、桐箪笥はもっておきたいものです。

そもそも桐箪笥が、着物収納に適しているといわれているのは

桐タンスは湿気が高いと木目がつまり、
空気が乾燥すると自然に木目がひらくという性格をもっています。

 これは着物衣装箱 31500円です。


そのおかげで、中に入っている大切な着物や帯を常にいい状態で守ってくれる、お助けマンです。
まだ桐箪笥は……と思うのであれば、
桐製の衣装ケースや茶箱で代用してみるのもいいですね。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪
 白地にモダンな幾何学柄の名古屋帯です。片寄せに黄土色を配し、すり箔風に光沢のある地と
金を織り込んだ柄がとてもモダン。コーディネイトによってはいろいろアレンジできそうな一本です。カジュアルに遊び着に、シックにまとめてパーティー用にもご利用頂けます。
 


スポンサーサイト

<< 家のなかでの箪笥のポジション | ホーム | 着物 収納箪笥がない場合の応急処置 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。