プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
針突。

ハジチと読みます。

この針突。
前回で紹介した沖縄の入れ墨の呼称です。

この針突はかつて、奄美以南の島々にあった風習でした。

しかし、1899年に日本本土との同化政策の一環として
この針突の行為が野蛮とみなされ、
禁止令が発布。

今思うに、これって、同一化させようとする
日本本土の傲慢のように思えるのは私だけでしょうか。
この針突の文化、いまではすっかり失われてしまい、
手に施している女性もほとんど他界されております。

針突が野蛮というなら、今の入れ墨文化はどうなのでしょう。
入れ墨している人に野蛮だという日本人はいるのでしょうか。

この針突。
島々の女性の身だしなみであり、大人の女性としての埃でした。
この針突。
痛い思いをしてでも、彫るという意思の強さの表れでもあります。
その思いは島の唄にも見られ、

針突突ちぶさや
心から思ぐてぃ
突ちゃる夜からや 思ぐぃとぅるり

銭ぬあてぃん
あぬ世までぃん持たりみ
我が突ちぇる針突 あぬ世までぃん



島言葉。何をいっているかどうかはわかりませんが、
何度も声にだしていると、当時の島の女性の気持ちが伝わってくる気がしませんか?


針突尽きたさや 心からの願い 突いた夜からは 心も安らいだ

お金があってもあの世まで持っていけない 

私が突いた針突は あの世まで



女性があの世までもっていける美のものとしていた針突。
美のために痛みを我慢する女心が伝わります。

この針突をした島の女性が
琉球着や奄美着をきて、生活していたと想像すると

日本本土に負けないくらいの華やかで
穏やかな文化だったのだなあと
(もちろん、苦しさもあったのは事実です)




思うと、日本人の傲慢さって、ひがみのように思えてなりませんが、

そんな島文化も今は日本の文化として、世界に誇れるのは
うれしいかぎりです。


追伸:マネキュア、ペディキュアってどこか針突と似ているように思えてなりません。いつの時代も女性の美へ思いは変わらないということですね。










 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪

アイボリー地に紅型風柄の羽織です。アイボリー地に紺とピンク使いの染分けや絵羽風がオシャレです。部屋着にいかがでしょう。琉球雰囲気を楽しんでください。

 エンジ色地にブルー系という粋な色合いの紅型風小紋です。こっくり深みのある地色と対称的に
ブルー系の小柄な花尽くし。躾糸付です。

 クリーム色地に紅型の風景柄という単衣mの小紋です。透かし彫りっぽくてなかなかシャレ気きいてます。躾糸付の未使用品です。





スポンサーサイト

<< 足袋の生産地NO1は・・・・・あの足袋祭りの地 | ホーム | 着物の柄は入れ墨発祥!! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。