プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨ゴートを決める際、そのコートのポイントとなるのが衿形です。

着る人の個性を感じさせるのは、衿で決まり といってもいいくらい、
形によって、全体の印象も変わります。

いろいろな衿形がありますが、主なものは下記の3衿となります。


WS000003.jpg

道中着衿 

着物襟ともいわれ、着物の合わせに沿うように作られている衿です。
すっきりとした胸もとで違和感なく、雨ゴートという重い印象も少ないでしょう。コートと着物の色や柄のバランスも取りやすいでの、着方に困ることはありません。


WS000002.jpg

道行衿

雨、防寒用などコートに一番多く用いられているオーソドックな形です。色あいや生地次第で、礼装にもふだん着にも使えるので一着もっていると重宝します。


WS000000.jpg

千代田衿

道行衿の角をとり、丸くした衿方。柔らかいイメージがあり上品で女らしいラインが特徴的です。丸みの大きさや衿もとの開きの深さで印象もかわります。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)



★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★



スポンサーサイト

<< 梅雨・夏を快適に着物で過ごす | ホーム | 雨のゴートの下は・・・・・ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。