プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のクリスマス。
みなさん、そろそろどんな装いで楽しもうかと悩んでいるころだと思います。

私もそう。

毎年、ドレス選びやワンピース選びなどに悩み、
バーゲン前にめぼしいものに目をつけていました。

しかし、今年は! 着物に決定。

そう考えると、意外や意外。
毎年、頭を悩ませていたことが、スゥーっと解消です。

で、いまは小紋アレンジ。

粋に見せるか、上品にみせるか。
可愛く見せるか、色気でみせるか。

小物ひとつ、髪型ひとつで…雰囲気チェンジですね。

さて、3パターンぐらい、考えておこうかと、
仕事合間に思案中です。(^0^)。

そもそも小紋とは普段着のこと。
普段着でも、今の時代。
着物=ちょっとフォーマル
というイメージを誰しも思いますよね。

着物人として、
もしかしたら、今の時代が一番、
着やすい、楽しみやすい、挑戦しやすい時代なのかもしれません。

ちなみに、小紋って? とたずねる友だちもいます。
なので、何度も教えるのですが、
まだまだごっちゃになっているようです。
何とごっちゃになっているのか…それが知りたい、着物美人。

小紋は簡単に言えば、全体の模様が同じパターンの着物のことです。
小紋はお洒落着、普段着として使用する着物で、
基本的には紋なし。
ただし、江戸小紋は紋を入れる場合があります。
紋を入れた場合は無地として使用可能です。

着方に形式もフォームもなく、
自由に切れるのが小紋。
着物通に愛されているお着物です。

さ、まだクリスマスの装いを決めかねている方。
着物で参加なんてどうでしょうか?

きっと、周りがいつもと違う視線で見てくれるはずです。
(これが…快感になると着物病突入です)




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪
 単衣ですが…。青色地にろうけつ風抽象柄の単衣小紋です。しなやかで滑り良い生地で、絽の衿裏付き。夏の部屋着、普段着にいかがでしょう。


 群青色地に丸柄の小紋と羽織のアンサンブルです。長着は横線の地模様が入って絽のように見え
裏衿には絽が付いています。羽織の裏地は麻の葉と童子柄でサイズは裄63cm 丈83cm 袖丈44cm。生地質はどちらも同じように しなやかで薄手地。長着は左後ろ腰下に、羽織は衿・袖・裏地です。単独でも楽しめます。

 アイボリー地に花柄の小紋です。躾糸付ですが、お召しになっています。
カーマイン色の江戸小紋風の柄と白地の中の花や風景柄がオシャレです。




 
スポンサーサイト

<< 付け下げ着物 | ホーム | ボロ市2007開催中 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。