プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小春日和が続く西日本。
蹴鞠が京都、下賀茂神社でありましたね。

OSK200801040070.jpg


この蹴鞠。
平安時代、貴族の間で親しまれた
いわば、平安版ゴルフのようなもの?で…
スポーツです。
この蹴鞠。掛け声が面白いんですよ。

「アリヤ~アリ」
「ヤア」
「オウ」

この独特の掛け声とともに、色鮮やかな鞠が蹴り上げられます。

サッカーのリフティングと同じで、鞠が下に落ちたらダメなのです。

今のボールと異なり、この鹿革で作った鞠は
どこへ飛んでいくかわからないという性格なので、
見ているほうもハラハラドキドキなんですね。
1400年前に中国から仏教とともに伝わった蹴鞠文化。

日本では独自に発展し、
さらに鎌倉時代には足の裏を相手に見せてはならないなどの作法までできました。

これは、サッカーよりも難しい???!!

服装もやはりこだわり、烏帽子に水干、はかま姿。
約15メートル四方の「鞠場」で
左足を軸に右足の甲だけを使った球技です。

優雅に見える反面、
きっと蹴鞠をしている人は…
汗だくなんでしょうね。

食べすぎ体をしぼるため?にも
そろそろスポーツ運動しなくては…



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のおすすめ品♪
 黒×媚茶色地に縞柄のあんどん袴です。男らしい仕上がりで薄手で軽いので、着心地はいいです。


スポンサーサイト

<< 初釜 | ホーム | 新調肌着 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。