プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カモーン。

と叫ぶと、何人かこちらにこられるかもしれません。

うちのブログのようこそカモーンとお運びいただきたく、
家紋について少々、お話しできればと思います。

日本人なら家紋というと
「ああ、あれね」とピンとくるでしょう。

そう。家紋とは
日本において古くより出自といった
自分達の家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章、記号です。

家紋とよばず、紋所や紋とも呼ばれます。
現在、日本だけで241種5116紋以上の家紋がありますが、
皆さんは自分の家紋をご存じでしょうか?


有名な家紋といえば
徳川の葵紋は有名ですね。
k-t.jpg


水戸黄門様の影響大だと思います。

昨年でいえば…武田の四つ割菱。
K=T.jpg



今年は薩摩の丸に十の字でしょう。
K=S.jpg


なあんだ、家紋って武家や貴族の家系にしかないと
ソソと横に向かないでくださいね。

みんな、名字と同じく家紋はあるのです。
家紋本
 



実家、ご自宅の門、もしくは家の裾の瓦や横の縁のところをよおーく観察してみてください。

花鳥風月、抽象的な模様が見つかるはずです。
それが、家紋。
(火難避けに波模様、開運のための宝珠などのものもありますが、それは家紋とは違います)

その家紋にもいろいろストーリーはあるんですよ。
どうして、その模様が自分達の、一族の紋となったか。
その紋が教えてくれる、歴史絵巻。

大河ドラマより、きっと面白いと…私は思います。

ちなみに、我が家の家紋は確か…鶴。
鶴の家紋もたくさんありますね。

そんな家紋を、紋を着物につける。
紋付のお着物は格が違うといわれるのは
お家を背負うということがあるからなのです。

カモーン家紋と皆さんの家紋ストーリー。
今年、探してみませんか?

さっそく、我が家の家紋を探してみましょうか!

家紋れっつGO!(^_^)v

ベタすぎました<(_ _)>




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪
 レイズン地 一つ紋付の袷です。上品な地色に地紋柄の小花が洒落てます。色合いから仏事にも慶事にも着回しできるお着物です。

撫子色地に一つ紋付です。春らしい色の色無地です。鹿の子柄に風景柄も加わり良い景色。銀糸の一つ紋付。格がありますね。





スポンサーサイト

<< 家紋 2 | ホーム | 粋な心を粋に >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。