プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ寒さいっぱいの日本列島ですが、
先日、熱海や房総半島の先から梅の便りが聞こえてきました。
(早サクラの声も聞こえてきましたが)

紅白の梅を見に…名所をめぐる季節。そろそろやってきそうですね。

寒いときはコートや襟巻き(ファー)などは手放せませんが、
ぽかぽか暖かくなると羽織をはおってお出かけしたいもの。

羽織は全身を覆うコートとは異なり、着物も帯前も襟元も見せることができる
味わいある性格の一枚です。

ちょうど着物だけではなにか足らないとき、帯や着物と合わせるだけで
意外な景色が生まれますね。


さて、先日、自宅の本棚の前で
着物本を眺めていますと素敵な羽織が掲載されているのを見つけました。




羽織-20080131
@別冊太陽 昔のきものの着こなしより借用

アンティークのものですが、ダイナミっくな刺繍のもので
梅や菊模様が豪華に縫われています。

昭和10年から15年あたりの羽織らしく、手描友禅に銀摺箔を使い
糸の目に金くくり
そして、金・赤・白の刺繍。

羽織だけでひとつの芸術作品です。

しかも大ぶりの柄は大胆に見えますが、実は非常に繊細な雰囲気を醸すこともできる魅力あり。

着物に無地、もしくは細い格子などと合わせたらはかなさもありながら小粋な魅力が…。
元気いっぱいな女性の心の優しさ、弱さを表現できるように思えます。

やはり、羽織はいいですね。
まだ寒いけど、羽織自慢大会なんぞ、どこかにあれば
参加してみたい気分です♪

 白×黒の波と桜柄。単衣羽織と名古屋帯セット 。白と黒が大胆でインパクト強ですね。帯サイズは 幅29.5cm 丈366cm。元々は踊り用の付け下げか訪問着のような柄ゆきで着尺一反を単衣羽織と名古屋帯に仕立てたようです。

撫子色地に花と蝶柄。これからの梅鑑賞にサクラ鑑賞に春の装いにぴったり。織りの横縞地模様に、裾へかけて濃淡のぼかしと金を添えた柄が 艶やかな華やかです。

 赤地に黒の抽象柄という一見、クラシカルな雰囲気ありますが、しなやかな生地で、こっくりとした赤に黒の抽象柄は実はモダン。羽織裏は練色地に枝垂れ梅柄で赤と白のお洒落な段染め羽織紐付きです。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪

白地に山吹の梅柄の振袖です。流水の地模様に大胆な花柄で、花芯には刺繍も施されて初々しい華やかさが。淡い黄色の重ね衿と袖のみ重ね振りの付いた仕立てです。




スポンサーサイト

<< 羽織は・・・・ | ホーム | てぬぐい総結集 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。