プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜冷えの一日ですね。
こういうときは外に出たくない! というのが本音な気弱な着物美人gonです。

さて、春とともに気持ちはピンクまっさかり。
着物をいつでも着ていたいですね。

それもお気に入りの柄を。

私もいろいろありますが、
なかでも大好きなのが鳥獣戯画です。






鳥獣戯画って、日本人なら一度は目にしたことがあると思います。

ウサギやカエル、サルがまるで人のように描かれているので、
マンガ日本昔話のようなのどかさがあります。

鳥獣戯画の正式名称は鳥獣人物戯画。
京都の高山寺に伝わる絵巻物です。

甲・乙・丙・丁の全四巻からなり、
甲・丙巻が東京国立博物館に
乙・丁巻が京都国立博物館に寄託されています。

昨年末はそれが全四巻揃った催し会がありました。
残念ながら、見学にいけず、涙を飲んだことが口惜しくてなりません(笑)。

鳥羽僧正覚猷の作といわれていますが、各巻ごとに画風が異なり、色々な人が書きつづったものだろうと考えられています。

世相を憂い微笑ましく風刺したものを動物で描いた世界は
昔も今も人気が高く、日本初?のマンガともいわれています。




マンガオタク熱は昔からあったようですね。

ということは? 着物の柄にいつか・・・ドラ●もんやガンダ●などのアニメが
描かれるようになるのでしょうか。

ある意味、楽しみであり
ある意味、怖さもあります。






 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪
 鳥獣戯画ではありませんが、玉子色地に動物柄の名古屋帯です。抹茶色・山吹色・オレンジがかった色使いの箔使いのような染分け地に、躍動感溢れる鹿や鳥が描かれており、ストーリー性を感じる1本です。



スポンサーサイト

<< 本日まで。 | ホーム | 黄変 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。