プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、今日と、日本列島あちこちは大雨暴風雨の春雨ならぬ春嵐が猛威をふるっていますね。

みなさんのところは大丈夫ですか?
こういう日はおでかけしたくないのが本音。

特に着物でなんて、ご遠慮したい・・・ものです。

さて、雨といえば、天敵なのが湿気以上に水跡。
これ、洋服と違って、水染みはとれないんですよね。

私も何度泣いたことか。

見つけるたびに!
「なんで~」とヘナヘナヘナとダウンしてしまいます。

そんな水染みに一番の最適アイテムは撥水加工です。
撥水加工はシミのつくのを防ぐための有効な加工。

確かにジュースやビール、コーヒー、お茶、等水分が多くてシミになると取れにくい物もシミになるのを防いでくれ重宝します。

でも、油性のシミや粘着性のあるシミに対しては撥水加工が災いとなり
取れるはずのシミが取れなくなったりすることもあるのです。
そのため、染色補正をするにも防水抜きをしなければなにもできません

あぁ。難しいですね。着物を水染みなどのシミ類から守るには・・・。
普段使いが多い着物は撥水加工でOKだと思うのですが、
やはり、大事な着物はそのまんまで・・・と思うのも親心なのです。

春雨を眺めつつ、うちの子たち、今年はどうしようかな・・・と (ー`´ー)うーん
ふと考えた朝でした。(ー`´ー)うーん (ー`´ー)うーん



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪

 黒地の水色町長柄の八寸名古屋帯。二部式の結びにはうれしい形。流れるように配された、図案化した蝶柄。蝶とは一目ではわからないくらい、まるで花びらが舞うように感じるオシャレな帯です。巾をかがってなく、お太鼓山に枕が付けてあります。


スポンサーサイト

<< 春は小物 | ホーム | 春の嵐 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。