プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お座敷にあがるまで。

花柳界はお座敷とよばれている世界です。
このお座敷。なかなかおいそれとあがれるものではありません。

花柳界の一見さんお断りは昔から当たり前。
有名ですね。

一番てっと利早いのは馴染みの旦那さん、お客さんとご一緒に
お座敷に上げていただくことです。
これで皆さんは一見さんではなくなります。

そんな馴染みの旦那さん、お客さんが身近にいない・・・
という場合は!

料亭の女将さんを紹介してもらうこと。

料亭といっても、普通の料亭じゃありませんよ。
花柳界の料亭です。
この料亭については、また追々お話しすることで・・・。

料亭の女将さんと連絡をとり、日時のアポイントを前もって決めます。
芸者さんを呼ばずともよいのですが、
やはり花柳界は芸者さんがいらっしゃって、なんぼのもの。

芸者さんを呼ぶ場合は
人数、遊びの好みなどのリクエストが必要です。

遊びは 歌を聴きたい、踊りをみやい、三味線をききたいとかというもの。もちろん芸者遊びというのもあります。これもまた追々。

こういうリクエスト、予約を受けた女将さんは
見番(けんばん)と呼ばれる芸者組合に連絡するのです。

この見番とはなんぞや・・・という方。
これもまた追々。

連絡があった見番は芸者さんを抱えている置屋(おきや)に電話し、仲介をします。

こうして芸者さんまで連絡がいき、
予約した日のお座敷(場所)に芸者さんが出向いてくれるというのが基本システムです。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪
 メノウ色地という不思議な色あいの地に源氏車柄の六通名古屋帯。深みのある少し渋めの赤地に、金の源氏車と重ねて亀甲などの幾何学柄を配し力強さのある柄付けはアンティークの雰囲気たっぷり。御所車は、やはり雅な味がありますね。
スポンサーサイト

<< 花柳界 向島2 | ホーム | 花柳界 向島 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。