プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、向島というとどこ?という人も多いのではないでしょうか?
名前は知ってるけど、場所は?

浅草のなかにあるの?という人も少なくありません。
ちょうどその浅草と隅田川をはさんだ対岸にある町を向島とよびます。


向島。
昼間にでかけると下町風情がある町です。
京都の祇園などの雅な雰囲気はあまり感じません

でも、この向島。
昔から文化人に愛された土地で、
様々な文人や絵描き、政治家などが好んで移り住んだ場所でもありました。
(政治家の場合は別です)

江戸時代には、あの暴れん坊将軍で有名なマツケンさんが・・・あ、違う。
八代将軍、徳川吉宗公が隅田川沿いに桜並木をつくり、
桜の名所として仕上げた場所でもあります。

花といえば向島

ということを聞いたことありますよね。

明治には森鴎外や幸田露伴も住んでいたそうです。

現代の向島は関東大震災や戦争で一変。
かつてあった田園風景も寺社仏閣などの名所旧跡、優雅な料亭が続いていた別荘空間のような雰囲気も消えてしまったそうです。

今の向島は小さな路地が入り組んだ下町独特の世界があり、
コレハコレで楽しいですが・・・
かつての向島も・・・目にすることができるなら、したいもの。

こういうときこそ、ドラ●もん。欲しいですね。






 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪

 薄色地に野菜柄の六通袋帯。野菜柄ってみればみるほどキュート。こういう仕様もあったのか・・・と驚いたお品です。グレイッシュな藤色の地に、織りの会いらしい野菜が並ぶ。斜め縞の地模様が全体を現代風な印象をだしています。未使用。これは早い者勝ちです。(*^_^*)
スポンサーサイト

<< 花柳界 向島4 | ホーム | 花柳界 向島2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。