プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人は足もとでわかる。

そういわれたことありませんか?
靴は、履き物はいつもピカピカに磨いておくべき。

他人はあなたを知るために
まずは身なり・・・特に足もとを注目しています。

そんなことわかっている!と、履き物を綺麗にしていらっしゃる方。
多いでしょう。
でも綺麗な靴を履いているだけではダメです。

あとひとつ。気にかけているとさらに、あなたの魅力はUPします。
それは履き物の脱ぎ方。

ついつい、自宅の玄関で脱ぎっぱなし・・・ということありませんか?

これを訪問先でおこなうと・・・無作法です。
とはいえ、下足人(靴係)がいらっしゃる場所では
男性はそのままでかまいませんが、女性はやはりきっちりしたいもの。

履き物は上がる方向に両足揃えて脱ぎ・・・
履き物の先が玄関扉のほうにむくようにそろえなおし、玄関の端におきます。
これが常識です。

でも着物などの新しい履き物は鼻緒が詰まって足が抜けにくい・・・ということもありますね。
そんなときは!


足を自分から見てV字にし、右のかかとを左にあて、足をすこし抜きましょう。

次に、左のかかとを右にあて、鼻緒から足を少し抜きます。


こうすれば・・・すんなり新品の履き物でも上手に脱ぐことができます。
間違っても・・・素足や足袋で玄関に立つ! なんてことありませんように・・・気をつけてくださいね。

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメ品♪

 なんと100円!という価格の足袋カバー  今しか手にいれられないBIGチャンスです。

スポンサーサイト

<< 七五三とはそもそも・・・ | ホーム | てぬぐい >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。