プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、着物を着て出かけたときのこと。

知人から「一度でいいから着てみたいんだよね」という言葉を耳にしました。

なら、今すぐ着ようよといったら、「だってもってない」という話。

確かに着物=高価なものという印象は未だ強く、いいものはブランドより高くなります。
でも着物は私達日本人の民族衣装。日常着でもあったものです。
「アンティークでリサイクルなものもあるよ」というと・・・
「どんな風に選んだらいいかわからない」という返事。

どうどうめぐりだなーとふと思いました。

彼女曰く、「いいなー着物」と思いはじめたらいつのまにか毎日、目の前をとおりすぎる着物の人の後を目で折っているそうです。
でも、着物ってどんなものなのか、
教えてくれる人がそばにいないと
どうしても躊躇してしまうそうで・・・なかなか自分から飛び込めないとか。

その気持ちはよくわかります。
実は私もそうでした。
あるきっかけで・・・着物と出会うことになり、着物とはどんなものなのか・・・ということを
すこしずつ学んでいくようになりました。

飛び込んでみれば!と背中をたたいても、やはり足はすくむようで・・・
清水さんの舞台から飛び降りることはできないようです。

だから、そういう場合は「襦袢をつくってみようよ」といっています。


いきなり全部全てというのはお金もかかる。
しかし襦袢はお着物ほどお値段がかかることはまずありません(たまにありますが)。

とはいえ、襦袢は肌着のうえに着る大事な着物のひとつ。
襦袢を制するものは着物を制するという?言葉もあるそうで・・・
襦袢にお金をかける、心をかける人は通、オシャレな着物美人の人なのです。

この冬は着物デビューしたいと思っている方。
お財布厳しい不景気だけど、なんとか着物に携わりたいという方、
まずは襦袢を探してみませんか?

きっと来春には一式全て目の前に揃い、
御自身で着付けができるようになっているはずです。


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★さんのHPへGO!




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。
(o^∇^o)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。


本日のオススメの品
朱赤のウールショールです。カシミヤ風のショール。これからの寒い季節には必需品のアイテムです。クリスマスやお正月など、ハレの日に申し分のないお色。ぜひ、デートなどのお供にお連れください。(o^∇^o)  


スポンサーサイト

<< 着付けが2分! | ホーム | かわいい!アート発見 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。