プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏着物の種類。
どのくらいあるのか、みなさんご存じでしょうか。

湿度の高い日本の夏。
いかに涼しく過ごせるか……と
先人が素材、織り方をいろいろ工夫し、探求してくれたおかげで
様々な夏素材の布が存在しているのです。


絹、麻や苧麻の他、綿、芭蕉布といろいろあげられますね。

夏着物は袷に比べて、意外と幅広いんですよ。
しゃり感やさらりとした触感を楽しめるのも夏着物。

なんか得した気分になりませんか?

現在も各地で、最先端の技術と伝統が組み合わさった夏の着物が作られているのです。

まだ見ぬ夏着物。

そう考えると・・・ワクワクしますね。

今日は絹の夏着物をご紹介しましょう。

まずは夏紬。
細く引いた糸や強撚糸で織られた薄手の布。
夏大島、夏塩沢、夏久米島が代表的です。
さらりとした風合いで涼やかな肌触りは抜群です。
繭からひいたままの玉糸で織られたものは生紬といいます。

 シボのある織り地が夏紬風で透け感のある品です。絣立桶柄がとてもお洒落。衿はバチ衿の仕立てです。

 しゃっきりとした生地の夏紬風の品。鳥の子色地で線柄という単衣の小紋です。小粋な装いにピッタリです。



縮。
強く撚りをかけた緯糸を用い、織りあげた生地を
湯のなかでもみます。
しぼをだして、仕上げです。
透明感の美しいことが特徴ですね。明石縮などが有名です。

 紫縮緬地で八重梅柄の小紋です。大きな梅が目を引きますが、艶やかな紫色がさらに華やかさな雰囲気を醸します。

 しなやかに滑る縮緬地で、ややシボが荒く重みもたっぷりあります。

 しなやかに滑る上質の縮緬地に女性らしい桃色使いです。細かめの菱並びの柄は江戸小紋のような雰囲気があります。東雲色は珍しいですよ。松皮菱並びで縮緬というのもこ洒落てますね。


紅梅。
太い綿糸の間に細い絹糸を折り込んだ生地で
ワッフル状なのが特徴。
薄くそして丈夫に作ることができ、透明感が抜群。
さっくりとした風合いで好む人も多いですね。




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪
 紺×多色縞柄の名古屋帯です。紺地には雅な鳥や花木が描かれ金糸使いの柄が織り込まれた、豪華で上品な品。手先を三つ折にしただけの、平な仕立てです。




スポンサーサイト

<< 夏着物の種類 2 | ホーム | 着物のあわせかた 7月 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。