プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「浴衣の下着」
皆さんはどうされていますか?

浴衣の場合、肌に直接身に付ける人もいます。
今は洗濯機で洗える浴衣も多く、甚平感覚で、お祭りや花火に行くくらいならそれもありですね。

しかし、白地や、透ける素材の合繊の浴衣になると下着に気を遣わなくてはなりません。

ショーツのラインが見えていたり、ニの腕が透けて見えたり。
一番多いのが、身八つ口から、肌まる見え!ということも。


そんなときは夏用のきものスリップ、ンピースタイプ。
筒袖タイプのもの、袖口にレースが付いたものなどあります。

高級ゆかたや、街着にするようなシックなゆかたには、半襟も付けれるような、綿麻混紡の半襦袢と裾よけ。

これを肌着無しで直接着ると一枚分、涼しいです。
ゆかたに半襟、着慣れた人のテクニックですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



濃紺駒絽地の化繊単衣。色無地という大人っぽさの一枚は仕事着にも最適。衿はバチ衿、小さな共布の肩当て付きお仕立て。深みある濃紺駒絽地でお手入れの楽な化繊ですから稽古事など頻繁にお召しの方にもお奨めです。
スポンサーサイト

<< 浴衣の下着3 | ホーム | 浴衣の下着2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。