プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月7日。

今日は七夕の日です。

各ご家庭に色とりどりの短冊がつられた
竹がゆらりゆらり揺れています。

短冊になにかお願いごと、書かれましたか?

私もひとつ。

『素敵な着物美人になれますように』


さて、今日は各地で七夕祭りを愉しんでいると思いますが、

神奈川県、平塚の恒例、七夕祭りが賑やかに開催されています。
期間は7/5から7/8。

平塚祭り


平塚の七夕まつりは、今年で57回目。
戦後商業振興策として始められたもので、
日本一といわれる竹飾りの豪華さが特徴です。
期間中は竹飾りのコンクールをはじめ、
各種催物がくりひろげられる賑やかさ。
日本を代表する夏の風物詩として、多くの人に愛され続けています。
さらに、ここには本物の織り姫さんがいる!とのこと。

さーさ。全国の彦星諸君。
会いに行かない手はありません。
もちろん、短冊に願いごとを書いて・・・・・・。
浴衣に袖を通して、お出かけください♪

平塚七夕祭り
場所:東海道本通り
アクセス:JR平塚駅から徒歩2分
     東名高速厚木ICから国道129号経由で12km、30分
問合せ先 0463-35-8107(平塚市商業観光課)


さて、東京入谷では、恒例の朝顔アサガオ市がたっています。
JR線鶯谷駅下車南口から出て
JR線を陸橋で渡って数分。
言問通りの鬼子母神界隈は、
朝顔市の歩行者天国で大賑わい。
色々な種類の朝顔が咲き乱れ、
美しい色の世界を楽しめます。


20070707161811.jpg




どうして、入谷に朝顔市がたつようになったのでしょうか。
朝顔は、奈良時代初に薬用として中国より導入されました。
当初は青色のみでしたが、
だんだん赤・白などが出現し、
文化文政の頃には、観賞用植物として
盛んに栽培されるようになりました。
「入谷の朝顔」「あさがおの入谷」
と呼ばれるようになったのは、
明治中期頃だそうです。
入谷という名は植木師成田屋留次郎の活躍により顕われました。

20070707161922.jpg


成田屋留次郎とは変化咲の名人ばかりでなくルポライターでもありました。
『三都一朝』という本を発表しています。
江戸、京都、大阪から 84品種を選び、
田崎草雲の画を以って図説を発表。
さらに『雨地秋』では江戸と浪花の珍品を紹介しました。
『都鄭秋興』では野村文紹の画によって、
各地の124品種を紹介しています。
また、花合せ会など、
各地で開いたプロディーサー能力もあり、
入谷朝顔の始祖ともいわれているのです。

 



さて、なぜ入谷で朝顔が盛んになったかというと

ひとつは江戸の郊外であるため、
早朝多くの人が朝顔を見に来やすかったこと。

ふたつめに上野の山のふもとで雑木の落葉が水路などに堆積し、
その土が朝顔の栽培にとても適していたことです。

戦争中は、朝顔市も廃れていましたが、
昭和 22年、入谷の商店街の再建と共に入谷の朝顔の再建に努め
焼けた街路樹の跡や、空地に種を捲き
人々に配ったことで入谷の朝顔が復活しました。

翌年には朝顔を中心とした植木の市が7月6、7、8日に行われ、
現在では朝顔のみを売る朝顔市になりました。
開催は、牽牛星と織姫が1年に一度会う
七夕にちなみ、
7月6・7・8 日に決められました。
※朝顔の種子を牽牛子ともいうので、それにちなんで・・・

しかし、自然では朝顔の咲く時期ではありません。
その点を出展者は多いに悩み、苦労し、工夫をしました。

現在ではビニールハウスの利用や栽培技術の発展のおかげで
立派な朝顔を目にすることができるようになったのです。

    
 






朝顔市の美しさは、並々ならぬ、
多くの人の努力の賜物なのです♪

20070707161952.jpg
 入谷の道には朝顔のマークというおまけ付(*^-^)


ちなみに、入谷の朝顔市では鬼子母神さんへの参詣で締めくくりとなります。

朝顔と鬼子母神さんの関わりはけっこう深いのをご存じでしょうか。

朝顔と鬼子母神さんの関係はかなり古く、奥深いものがあります。

鬼子母神さんは、あらゆる魔障調伏
特に安産や子育ての神として人々に厚く信心されています。

明暦の大火の後の元治二年に仏立山真源寺が開基され、
お詣りの帰りに朝顔を見物し、
朝顔を見てはお詣りするというシナリオができていました。
昔から、商売上手な人も多かったのです。(o^∇^o)

参詣人目当ての朝顔せんべい、そうめん、きそばなどとが
名物となったことも、朝顔市と鬼子母神さんのおかげです。

20070707161855.jpg



さて、鬼子母神さんはかつて、
他人の子供を奪い取っては食べてしまう悪神でした。
しかし、お釈迦様の教化によって善人になり、
かえって小児を守る神となったので
虫封じや御弟子入りを祈願する人々が毎日の様に参拝したのです。

入谷の神は「恐れ入谷の鬼子母神」と洒落言葉にある様に
庶民の親しみを受け、「鬼」から「ノ(つの)」を取った様に
生物の無常の中に風流風雅の美意識を育て、
さらに、農耕民族特有の包み込むような母性を持った
日本人の性質をよく示しているのが
朝顔の風情と合致したといわれています。
@IRIYA あさがおROAD 参照




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪
 浴衣の下にこんなにかわいい下駄はいかがでしょう。さくら材風で蕗柄の右近下駄はおきゃんな雰囲気たっぷり。カタカタ音をたてて、お祭りを楽しんでください。








スポンサーサイト

<< お手入れ | ホーム | 夏着物の種類 3 >>

コメント

留次郎さん、すごーい?

わーぉ。超☆勉強になりました☆☆
いいなぁ。江戸の夏。

沖縄の夏も、引きこもりになることが判明です!
暑くて昼間はずっとクーラーの下…
出かけるのは夕方からノソノソ。
お互い、この季節静かに過ぎるのを待ちましょうねー。

プロデューサー業務

昔からプロデューサーっているんだよね。
お祭りって、そういう人がいたからこそ、
成り立ってるんだなーと思うと
(o^∇^o)v-10
めっさ、うれしくなります。


クーラーか。
まだつけてないけれど、
もう干物生活オンパレード。
当分はこの調子のようです。

さ、体調気をつけておきましょう♪

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。