プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お手入れ

埃などをとれたら、明るい場所で汚れがないか、確認しましょう。


あ!こんなところにシミが・・・・なんてこと、けっこうあるのです。

さ、この大問題のシミヌキ。

力を発揮するのはベンジンです。



ちなみにベンジンってなあにという方。
いらっしゃいますよね。私もかつて、そうでしたm(_ _)m。

ベンジンとは
原油から分留した主に鎖状炭化水素からなる混合物で、
石油エーテルとも呼ばれています。
一般に市販されているベンジンには懐炉用としみ抜き用とがありますが、しみ抜き用のものは懐炉には使用できませんので気をつけて!
逆に懐炉用はしみ抜き、シール剥がしにも使用できます。

シミのついた着物。とくに古着や柔らかいものなどはプロに任せてしまいましょう。もちろん、原因のわからないものは、専門家に任せたほうが間違いありません。




でも、ここでベンジンをつかったシミヌキの方法を覚えておくことも
着物生活をするには大切なこと。
しっかり、頭にいれておいて、慌てることのないようにしましょう!
ファンデーションやドレッシングなどのハネ、落としなどの危機のときに役立ちます(^o^)

まず染み抜きに用意したいのは
ベンジン
タオル
ガーゼもしくは布
シミヌキ用ブラシ
ベンジンは、布、ガーゼにタップリ含ませます。




台の上にタオルを敷きます。
その上に汚れた部分の着物を置き、汚れの周囲からベンジンを含ませたガーゼや布をトントントンと叩いていきます。
汚れがぼけるまで力をいれてたたきましょう
こうすること汚れ部分が輪ジミになることがありません。

ガーゼ(布)に汚れがついたら、たたみなおして、使いましょう。

しつこいシミにはブラシを使いましょう
ベンジンで着物が湿っている間にブラシでシミ部分を
トントントントンと叩いていきましょう。

やりすぎだけは注意です。
そして、ベンジンを使うときは
しっかり換気してください。

シミヌキが終われば、ハンガーに着物をかけて
ベンジンを飛ばしましょう。





 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★




本日のオススメ品♪
 抹茶色地で梅の花柄の訪問着。単衣です。今の季節は着衣できませんが、9月の単衣時期にいかがでしょうか? 朱色に金のたたき風柄に大胆な梅の花木柄で見事な柄付けで個性的ななかにも優雅な風情があります。お祝い席(二次会)などにもいいですね。


 金・銀・朱色地に七宝・花柄の古典的な柄ですが、かなりの鮮やかさが目を奪います。名古屋帯で、金銀短冊柄というなんとも縁起のいい1本。洒落着のひとつにいかがでしょうか。
 






スポンサーサイト

<< お手入れ3 | ホーム | お手入れ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


懐炉懐炉(かいろ)とは、懐中に入れて暖をとる道具である。

日本の心-四季折々の風情を感じ... 2007/07/28 08:27

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。