プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は大仏様のお身ぬぐい

奈良市の東大寺や唐招提寺、法隆寺、薬師寺などではこの7日の朝、
大仏にたまったほこりを落とす、年に1度の恒例行事「お身ぬぐい」がおこなわれました。


お身ぬぐい 東大寺
@asahi.comより借用。

湯屋で身を清め、白装束に身を包んだ僧侶や信者らが、
はたきやぞうきんを手に
高さ約15メートルの東大寺の大仏様の全身をきれいに磨き上げたそうです。

午前7時に大仏の魂を抜く法要を営んだ後、
天井からつるされた3台のゴンドラに乗ったり、よじ登ったりして
大仏様のお顔や螺髪(髪の毛)から丁寧にほこりを落としていきます。

なんだか遊園地で遊んでいるように見えますが
これも立派なおつとめ。
修行のひとつです。

でも楽しそうですよね(*^_^*)


堂内には積もったちりが舞います。
まるで雪のようですが、ちりです。
綺麗とはいえません。(^_^;)。

お身ぬぐいも2時間余りで終了すると、
黒光りする大仏様の姿に戻ったそうです。

こころなしか、うれしそうな大仏様。
暑い夏は大仏様もさっぱりなさりたいんでしょうね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


璃寛茶に漆の枝柄のろうけつ風鼻緒の駒下駄。
渋め色の台に艶やかな枝葉柄、黒額縁のろうけつ風鼻緒もしっとりと落ち着いた雰囲気があります。サイズ22.5cm、高さ5cm。大人の浴衣姿に趣きを添えてお楽しみ頂けることでしょう。天は張りになっており滑らかです。

スポンサーサイト

<< 浴衣で居酒屋♪ | ホーム | 浴衣デー >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。