プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肌襦袢の襟にいれる衿芯。

皆さんはどのような形でしまっていますか?

DSCF3881.jpg

衿芯とは長襦袢の衿に半衿をかぶせるように縫った後、袋状になっている
部分に通すプラスチック製の芯の事をいいます。
プラの衿芯の他に分厚い木綿を衿の芯にする場合もあります。

以前、衿芯を忘れたとき、新聞紙を折り、衿芯代わりにした覚えが……。
※衿芯をいれない着付けをされる方もいます。

衿芯の用途は学生服の衿カラーと同じような意味をもち、衿元と衣紋を綺麗なフォームに
見せる為ためのものです。

その衿芯。
着物をぬぎ、肌襦袢をぬぐときに襟元からきちんと外しておかなくてはいけません。
忘れていませんか?(忘れている人はいないと思いますが)

いれっぱなしでたたむと……さあ大変。
衿芯が割れてしまいます。
プラ芯はとくに割れやすいので、曲げるとすぐにパキッという音が(>_<)。

そこでお聞きしました。
着物美人の方に衿芯のしまいかたを。

「缶などまるいいれものがあればそれにいれて保管するといいですよ」
「クリームをつかいきった容器でもOK」

ということで、ゴン麹は……

DSCF3883.jpg

麺棒のはいっていた容器を衿芯のしまい箱に。

これは便利です。おまけに、衿芯の丸みもそこなわれることもないという一石二鳥♪

重宝しております。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



藍紬地にパッチワーク風裂り嵌めお太鼓柄の名古屋帯です。
深い藍色紬地が、朱色系の様々なお色をキリリと引き締まった印象になるはず。
様々な織り柄・染柄の別布をパッチワーク風にはめ込んだ裂り嵌め柄は
とってもお洒落。
遊び帯のひとつにどうぞ。





スポンサーサイト

<< 霜月になりましたので…… | ホーム | 明日は立冬 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。