プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログを覗いてくださっている方に「おめし」といってご飯という人はいないはず。

おめしとは着物の種類の用語のひとつで、
横に強いよりをかけて精錬した上で染めた着物をいいます。
縮緬の一種です。
江戸時代、十一代将軍家斉が好んで「お召し」になったところからつけられたそうです。

縮緬より丈夫で張りがあって、体によく馴染む高価なものですが、
湿気には弱く、特に雨にあたると縮みます。

種類がとても多く、西陣・桐生・塩沢など産地の名が付いていて同時に産地の名がそれぞれの特徴を表しています。

私がもっている着物のなかで、お気に入りのひとつが白鷹の着物。
白い布地で稿がうっすらはいっているので、
着るときに苦労しますが、きちんと纏うことができると
かなりしゃん・りん・しゃんとします(昔のどこかのCMのようですね)。

おめしはほんと纏いやすく、動きやすい優れた機能があります。
いくつかの種類のおめしがあれば、着物生活にとってありがたいかもしれませんね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


淡いグレー地に幾何学柄に絞りの羽織。
薄手絹布の絞り地が真綿のような手触りのお品。
裏は白地に花唐草風の柄付け。 
裄64cm、身丈72cm、 袖丈45.5cm

無地のお着物に羽織られるなど、いかがでしょうか。羽織の柄もかなり大柄なので、目立つはずです。(*^_^*)
スポンサーサイト

<< 11年ぶりに | ホーム | 近代琳派 神坂雪佳 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。