プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月。
いよいよ真夏まっさかりですね。
8月は7月同様、盛夏となります。

この時期の着物は

・絽(絽小紋、絽付け下げ、絽訪問、絽色無地など)
・紗
・麻
・縮

となります。

帯ももちろん

・絽
・絽綴
・紗
・紗紬
・絽塩瀬
・羅
・麻

帯揚げ、帯締めには絽帯締・帯揚のセットがいいですね。

やはり7月同様、
盛夏らしく透け感の強い着物となるので、きものなら絽や紗、麻、縮などの涼やかに透ける着物を選びましょう。
帯は羅や紗、絽、絽綴などで、ざっくりとした織のものや透け感の高いものがいいですね。

また下着も絽のものや麻、和装小物はメッシュ素材のものを使用すれば、汗の吸収もよく、見た目は涼やかで、
快適な夏の装いを楽しめるはずです。

ちなみに汗が心配という方にはやはり、オススメするのは浴衣
浴衣なら比較的安価ですし、洗えるものが多いので便利です。
この夏は、浴衣としても夏着物としても活用できる、着物みたいな浴衣を誂えてみるのも、暑い夏を乗り切る策のひとつです。
紫織庵や竺仙などは夏着物と比較しても見劣りはしないので、お勧め ですよ。

 紫織庵:大正友禅のお洒落な浴衣は着物らしく、さらにカジュアルな小粋装いが楽しめます。


 竺仙:絽の竺仙浴衣は、大人っぽくしっぽり着衣できます。




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪

 ブルー地で金魚柄の浴衣です。いやー。珍しい。金魚柄って、お気に入りの人が多いので滅多にでてくることはありません。早い者勝利。さ、迷わず手にしてみましょう♪



 







スポンサーサイト

<< 本でよむ きもの 群ようこ | ホーム | 本でよむ きもの 宇野千代 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


セットがいっぱい

商品は全て素晴しいです。一点ものの手作りばかりで、なおかつ美しく精巧で、しかも実用性も高い。文句なしです。よく利用させて頂いています。しかし店長さんが不思議な方です。まず売り切れ商品が取り寄せ可能か、他の商品と同梱可能か、メール質問して「可能です。この件

和装小物がたくさん 2007/08/01 13:09

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。