プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11年ぶりというと、
東京明治神宮前から表参道交差点までの欅の木々のイルミネーションが昨日復活しました。

091130_19307E0001.jpg

63万個のライトが一斉に点火されたとき、参道を歩いていた人のため息がいつまでもエコーとなって耳に届きます。
091130_19307E0002.jpg

11年ぶりということで、テレビや雑誌などの撮影も多く、
その合間合間もくぐりながらのイルミネーション観覧。

091130_19317E0001.jpg

車のスピードも心なしかゆっくりなのは、運転手も見上げているのでしょうか。
(くれぐれも安全運転に)

091130_19347E0001.jpg

LEDライトなので、光輝くものの、消費電力は少ないというエコライト。さすが環境王国を目指す日本に貢献しています。

イルミネーションを撮影しようと、自分も含め、皆々デジタルカメラや携帯カメラを掲げて撮影タイム。
11年前ではあまりみられなかった光景も、今ではあたりまえになりました。

091130_19347E0002.jpg

11年ぶりの復活の裏には、クリスマスシーズンになるとイルミネーションを求める人々をもう一度、表参道に戻そうという地域の人からの切なる願いからだとか。
11年前の中止はあまりの人の多さに、ご近所からの苦情(騒音・治安・ゴミ)が高まったからでした。
もちろん、今回もその懸念もあったようです。でも、クリスマス時期のお店の売り上げの下降のほうが深刻な問題のようで、復活にいたったとか。

091130_19357E0001.jpg

その懸念はどうなるのか。結果がわかるのはあと数週間後のこと。
でもやはり綺麗ですね♪
寒い夜空であっても、不思議なもので、寒く感じることもなく、ルンルン気分で散策できます。

欅全てがライトアップされているのではないようで、古木などは避けて飾られているみたいです。
古木への影響をきちんと配慮されたのでしょう。
地域自ら復活した気持ちの意気込みの強さを感じることができますね。

091130_19367E0001.jpg

冬ならではの楽しみ。
これもひとつの日本の風景。


091130_19367E0002.jpg


普段見慣れている景色もどこかおとぎの国へと変身したみたいです。

091130_19367E0003.jpg

皆さんは表参道のどこのイルミネーションがお気に入りになるのでしょうね。
まだはじまったばかりの復活イルミネーション。
暖かい格好で、散歩を楽しんでください。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品


赤地にポップスター柄の半幅帯。なんとも元気な柄です。
表裏で赤と白がネガポジ柄付けの単衣帯。
幅15cm、長さ338cm。
浴衣やウール・化繊のご自宅での普段着用としてお楽しみください。
未使用です。(^_^)v








スポンサーサイト

<< コースター | ホーム | おめし >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。