プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も1ヶ月をきり、部屋の掃除などで頭を悩ませていますが、
新年のことを考えると、ちょっと楽しいですね。
(その前にクリスマスなどありますが)

さて、新年といえば、おせち料理。(食いしん坊なもので)
そんなおせちに欠かせないのがお箸。祝箸です。
DSCF4971.jpg

祝箸とはおせち料理をいただくときに使う、両端が細く、真ん中が太くなった形の、柳で作られた箸のこと。
柳はしなやかで折れにくいので、祝い事に折れることを嫌って縁起をかついで、昔からつかわれています

両端が細いのは、片方を神様が使いもう片方を人が使うとされ、
神と人がともに祝うという意味があるからです。

毎年、母の用意してくれるおせちに祝箸で新年を迎えていましたが、
今年、いつものようにお気に入りの雑貨屋さんをのぞいていると、目をひく祝箸を発見。

DSCF4972.jpg


宮内庁御用達の箸屋さん、「箸勝本店」さんの祝箸で、箸袋に干支が描かれているもの。

自分は来年、年女ということで寅。
あとは家族の干支をチョイス♪

「袋を大事にとっておくと、来年も使えますよ。お箸は菜箸につかってくださればよいですし、来年は柳箸を買ってきて箸袋にいれたら、祝箸」と店主も教えていただけました。

来年のことながら、こういうことを考えていると楽しくなりますね。
楽しく感じる来年は、今年よりいい年でありますように……と願いつつ
祝箸をお正月の本番までしまいこんで、さ、大掃除の前の掃除です(^_^;)P

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



小花柄可愛い華紋柄が印象的な黒地の六通袋帯です。黒地に金銀朱赤の色使いは派手ですが、上品さもあり、華紋を囲むように配された小花菱がチャーミングな一本です。晴れ着や気軽なパーティー、お正月の装いに華やかさを添えていただけるでしょう。



スポンサーサイト

<< 箸置 | ホーム | 大雪 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。