プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紐何本?

みなさんは着物を着るとき紐を何本つかいますか?

伊達締めもいれると?


私も着物を着始めた頃は紐を何本もぐるぐる体にまいて、
着崩れないようにしていました。

でも、実は着物ってたった紐日本で着れるものなのだということを
ご存じでしょうか。まあ、これは着慣れた人の世界です。

まずはおはしょりをあげる腰紐が一本。
衣紋の形を決める平ぐけが一本。
平ぐけ=身幅の広い仕立てでの帯紐で幅も狭く長さも短いものである。
あとは帯揚げ、帯留めの1本ずつ。

あれ?4本ですよというかた。
そうです。ここでは4本。
でも着物と体をむすびつけているのは腰ひもと平ぐけの2本であるから、2本とさせてもらいます♪

帯揚げ、帯締めは帯の形を整えるものですし、
この2本が着物も体も決め手となる大事な紐なんです。

こう考えると・・・着物って意外と簡単に着たり、脱げたりするんじゃーと思いますよね。

でもなかなか、その2本の世界に到達できないのが
奥の深さと経験なのです。

かくゆう私も
5本。
ふう・・・。まだまだ達人の世界には到達しません。

いまは浴衣で・・・練習あるのみです。(^^;)




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪

 深緑銘仙地の四角と丸柄という小紋です。こういう柄って、なかなかでてきません。木綿胴裏、メリンスの裾廻しで袖の振りにはピンクのメリンスを使用してあります。深い緑や柄にも味わいがあり銘仙風柄に織り上げた紬のような生地は粋です♪


 格子柄の半巾帯です。エンジ色と白色地なので、結び方によって、いろいろな帯の顔を楽しめます。白地の部分に、黒にラメ入りの格子柄と涼しそうな雰囲気がよいです。




スポンサーサイト

<< 戦時下の着物 | ホーム | お手入れ 5 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。