プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1968年京都生まれ。
世界のドンペリが認めた桶職人として今注目されているのが中川周士さん。
京都の大学で空間工学を学び、桶職人の家を継がれたという。

お父さんはなんと人間国宝の中川亀一。

弟子と師匠という立場と親子の立場などいろいろあるが

手習いの一!からしっかり学ばれたそうだ。

ドンペリが認めたのはシャンパンクーラー。
高野槙をつかった桶は香りもよく、しかも保温性もよく防水性もしっかりして
ワインの味も香りも消さないのが特徴だ。
このシャンパンクーラーの形を完成させるのに1年ほどかかり、その間も2度ほど諦めそうになったという。


素材の高野槙は木曽の山から年間10本くらいしか切り出されないもの。
もともと日本古来の木々だが、素材としては良質。
皇室の悠仁親王殿下さまのお印。

その高野槙でつくられたシャンパンクーラー。
ドンペリーのマークが焼き印され、世界中のバーや料理店からの注文が殺到しているものの、
1ヶ月に作れるのは30個。
ひとつひとつ中川氏の手作りだからのこのペースだ。
いいものを欲しいというのは誰もが思うこと。

日本の伝統職、桶屋が世界に認められ、評価されるのは同じ日本人としても
誇らしく、そして自慢したい気分である。

ちなみにシャンパンクーラー。8万円~。
これを高いとみると妥当とみるかは自分次第。

匠が作り出す桶は一生もの、代々伝えることができるアイテムになることは
間違いなし。

ちなみに京都の柊屋旅館さんでいただく湯豆腐は中川周士さんの桶が使われている。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080527/152421/?ST=clm_observer_PRINT


シャンパンクーラー、お風呂の桶など手がでないのなら

中川周士 
@http://glams.shop-pro.jp/ 素材:すず竹 2230円~

手元のお箸から……手にとってみるのもいいかもしれない。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紺地に赤の格子柄の小紋。
雨コート地のように表面が滑り良い生地で胴裏は少々やり繰りの絹布2種類。
裾廻しはエンジ色メリンス地、衿は棒衿仕立てです。

紺と赤の色合いが若々しく気取り無い印象。
ご自宅用普段着として気兼ね無くお楽しみください。

生地:化混 裄63cm、身丈152cm、 袖丈47cm、前幅22.5cm、後幅28.5cm









スポンサーサイト

<< 春を呼ぶ祭り | ホーム | 立春 >>

コメント

ひょんな着物

着物はいいですね。

昨日、友人が電話をくれて、
「着物いる?」

「いる!」


実家の整理をしていたそうです。呉服屋さんです。
小生と体格ほぼおなじオヤジさんの着物があるというのでした。
友人はまったく着物に関心なし。

古着かとおもったら、二枚とも仕付け糸が…

仙台の袴もいただき、紬、大島とてんこ盛りでいただいてきました。
絞りの兵児帯も。


こういうことって、あるんですね~^^

着物生活

>w老師さん

1週間のうち2日は着物で生活できると気持ちいいですね。
まだ実行できていませんが、今年はそんなゆとりある時間をすごしたいと思います。
年人間なので♪

No title

さっきまで袷をきていたんですが、寒いのでセーターに着替えました。へたれ爺です。

袴の下に

>w老師さん
袴の下にヒートテックですよ。ヒートテック。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。