プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月6日

エノラゲイから落とされたたった一発の原爆が広島に落とされた日です。

62年前の今日。暑い夏の平和な朝に
大悲劇がありました。

お亡くなりになった方々に深く哀悼の気持ちを捧げるとともに
ナンセンスな戦争の撲滅を深く誓います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、62年前の戦時中も人々の装いは着物&洋服の世界でした。

戦時中の着物。
もちろん、贅沢は敵だ欲しがりません勝つまではというスローガンがかかげられている時代です。
華美なものはすぐに摘発されていました。

そんなとき、知恵を働かせたのも女性の美意識。
美意識はオシャレだけでなく、いかに自分達が正しく、清潔に生きているかということも示します。

戦時下で人気があったのが付下でした。

そもそも付下ができたきっかけは第二次世界大戦の戦時下、
華麗で派手な絵羽模様の代わりに作り出されましたものです。
要所に華美でない絵柄を施しました。
訪問着のように絵羽模様を描かず
反物の状態で、着たときに模様が
すべて上を向くように描かれています。
戦後も人気は訪れず、いまにいたります。


ちなみに当時の着物姿の女性を撮した(描かれた)記録が残ってます。


これは着物の美しさを損なわず、近代的に改良する試み展示会のようで、なんと厚生省も関わっているそうです。
着物ひとつにしてもお上の許可が必要だった時代なんですね。

でもその形は袂は短く
帯は幅の狭い5尺にも満たない丈が短いのが特徴で、なんと足首がにょっきりと見えます。

これは惨事のとき、走りやすくするためなのでしょうか・・・・・・。

WS000001.jpg
 @アサヒグラフ記事より借用

この姿はよく、戦時中を描いたドラマや映画のなかで見かける着物姿です。モンペ形式の着物。

帯や長襦袢などが不要だった時代ともいえます。
洋服化している和服、着物だったんですね。


着物だけでなく、帯の形も変化があった時代で、
お太鼓自体もなんかフニャフニャした形が流行していました。

WS000002.jpg
「婦人倶楽部」のお正月付録「戦時下の被服対策」より借用

戦時中という悲しい時代。
そんななかでも、人は着物をより効率よく改善させ、そして・・・生き抜いていたのが、資料をみていると伺えます。

でも……やっぱり。

戦争なんてナンセンスであり、おかしなことです。

はやく、人々の生活から戦争、戦乱がなくなるように

この広島原爆の日に・・・・深く願い、誓わなくてはいけません。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪

 男物です。藍色の紬で単衣長着です。やはりこんな暑い日にサラリと着こなしたいですね。

 木賊色地の花唐草柄が見事な小紋です。しなやかな縮緬地で、シックな緑の色使いに細かめの
柄付けで、大人っぽい落ち着きと華やかさが楽しめます。




スポンサーサイト

<< 戦時下の着物2 | ホーム | 紐何本?  >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。