プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_0498.jpg

境界線というのは世の中にたくさんあります。
大きくいえば、国境。
見方をかえれば 心の境界。
いろいろあります。

神社の鳥居もそのひとつ。
鳥居から先は神様のいらっしゃる区域ですよという目印。

旅をしていると、鳥居をあちこちでみつけます。
神様周りにいっぱい。
そう考えると、背筋ぴーん。(^_^;)。

鳥居をくぐるとき、みなさんはどうされていますか?

無意識に頭、さげていませんか?
一度立ち止まり、帽子をぬぎ、頭をたれる。
「お邪魔します」という気持ちになります。
神様のおうちにお邪魔する・・・・・・ちょつと緊張してしまいますが
心がさぁっと爽やかにもなります。
そして鳥居をでるとき、再び一礼。


神域と人のすむ地域の境界線の鳥居。
最近は鳥居の下に車道が通っているところもありますが
車を運転している人もぺこり。

世の中に神様なんてという人もいるけれど
やっぱり日本人は神様をきちんと感じているんでしょう。

どこの鳥居をいっても、綺麗に掃除されています。

国境でもぺこりと頭をさげる気持ちがあれば
世の中から紛争なんて消えてしまうのかもしれませんね。
CMでもながれている
国の境目が生死の境目なんてことはありえなくなるはずです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



錆朱色地にシンプルシックな華紋お太鼓柄の名古屋帯。
六通地全体にも艶やかな光沢が覗え大振りの華紋柄をあしらったシンプルな意匠。
それなのに織りの繊細さにワンランク上の佇まいが感じられます。

お召しのシーンによっては軽い附下げから小紋までコーディネイトの幅があり、多様に使えます。
未使用です。

幅30cm、長さ353cm。


スポンサーサイト

<< シャレの効いた縁起もの | ホーム | とびこみたくなる瞬間 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。