プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさしぶりに中華街を散策。

DSCF6113.jpg

春節の余波が残っている中華街。
どこかまだお正月雰囲気の縁起のよい風が吹いていました。

なにもせず路地でうろうろしているだけでもおもしろい中華街。
小さなお店をのぞくと「なんだこれは!」というものにも出会えます。


このストラップもそのひとつ。
元宝を琥珀で模倣したもの。
元宝(三元)とは帽子のような形しており、古代中国では金銀でこれを作り、貨幣として使用していました。
「三元」は解元、会元、状元の3つで、これが揃うこと、すなわち「全てが意のままになる」ことをあらわします。

科挙制度にも利用されていたようで、試験合格、資格得とくすることにも効果ありだと効きました。

その三元を琥珀でかたどったのは、黄色、金色は金運などもあげてくれるという意味があるそうで、
手にいれたときはにんまり。

今は自分の携帯でゆらゆら揺れています。
ひとめぼれしたひとつになりました。

もちろん、この他にも欲望を刺激するものがいっぱい。
お財布にはピンチ!
でも心はしっかり満足。

中華街はいついってもわくわくできる空間です。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



黒地に臙脂箔の菱つなぎと向い揚羽蝶柄の六通袋帯。
垂れ始末内に「九重錦・手織」とあり、歌舞伎文のようなお洒落感が粋ですねー。

臙脂箔の織り柄が地の黒と対象的な艶やかさをのぞかせて江戸風個性の装いがたのしめる1本です。
幅30.5cm、長さ440cm。
スポンサーサイト

<< おひなさま | ホーム | ちっちゃなお座布団 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。