プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ冬日が続く4月半ば。

今年の春はどこにいったんでしょうか。

なかなか素足になれません。

CA3F00530007.jpg

靴下が大活躍です。

そもそも靴下はいつ頃、日本にきたのでしょうか。

靴下の起源として1番古いものは、
2世紀頃エジプトの人々が履いていた足袋のようなものが記録に残っているそうです。
今のような靴下が履かれるようになったのは、西暦1000年頃気候の寒い北ヨーロッパの人が
防寒のために絹・薄い毛織物・木綿など
これらを縫い合わせた丈の短いものを用いられるようになってからだといわれています。

靴下にファッション性がみられるようになったのは1400年代に入って以降のこと。

その時々の男性ファッションの流行の影響を受けていました。
どうしてファッションの流行が男性なのかというと、
当時の女性は長い丈のスカートをはいており、男性のほうが靴下を履いていました。

女性ファッションとして認められるようになるのは
19世紀末のスカート丈の短い服が流行してからとなるのですが……。

日本に靴下らしきものがはいってきたのはシルクロードを伝ってきた「しとうず」から始まったといます。
その後、足袋へと変化し、
明治時代では和服が主流な中、着物と袴を着用し、パラソルを持ち編上靴を履く女学生が登場。
これは明治以降の新しい時代を象徴するファッションとなります。
当然、これに伴い足元ファッションも靴となり、足袋は靴下へと変化したのです。

そう考えると、靴下ひとつでも日本文化に欠かせないアイテムなのだとまたひとつ勉強になりました。

素足もいいけど、寒いなら靴下を履いて、暖かくオシャレを楽しむのもいいですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品




蛍光感のある鮮やかな菜の花色が魅力の平帯。
表情の豊かな織りに深緑の縞柄をあしらった気取り無い品です。
全通柄の為場所を選んでご使用いただけます。

正絹 28.5cm 430cm

夏前までのオシャレ帯の1本としてお楽しみください。





スポンサーサイト

<< ツツジ林 館林 | ホーム | ソメイヨシノから八重へ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。