プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかり怠け癖のついている自分に喝をいれたい。
そんなとき、オススメのアイテムをお教えしましょう。


CA3F01060003.jpg




『はりみ』。

和紙でつくられた「ちりとりの原型」です。
昔、どこの家にもひとつはあったもので、
どこかなつかしく感じるのは、そんな思い出だからでしょうか。

和紙に柿渋を塗ったもので、
この「はりみ」という名前は「実がはいる」ことを意味をもち、身が入るという縁起な品でもあります。

紙で出来ているので、静電気が発生しないので、髪の毛などのゴミが張り付かない優れもの。
よくあるプラスチックの塵取りは静電気が発生し、塵取りに張り付いたゴミが取れなくて結局、手でとるということありますよね。

紙だけど、柿渋のおかげでかなり丈夫。
柿渋を紙に塗って乾燥させると、硬く丈夫になるそうで、
昔から傘や団扇の塗りに使われていたそうです。

暮らしの知恵ですね。

仕事や勉強に身が入らない人、お子様がいる方。
お部屋の片隅にこの『はりみ』をおいてみませんか?

あ……自分も必要でした(^_^;)。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



茜色と多色の粋な縞柄の二部式帯。
ふっくらとした芯入りの少し古い印象のお品。

胴は紐ではなくマジックテープ留めとなっており、胴を巻いた後背に留め具で乗せるだけの
簡単装着タイプは初心者はもちろん、忙しい人にもうれしいもの。

ややシボ感のある縮緬風地に、明るめシックの縞柄が年代を問わずご利用頂ける気取りのないお品となるでしょう。

生地は化繊。幅28cm、長さ147cm。
スポンサーサイト

<< ポチ箋 | ホーム | 可憐な形とはうらはらに…… >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。