プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は携帯メールやパソコンメールと便利な機能があふれています。
そのおかげで、文字をいつ書いたか覚えていらっしゃいますか?

字は書かないとどんどん退化するもの。
筆跡もかなりへたくそになっていませんか?
かくいう私もそのひとり。
人前で書く字が、ほんとお恥ずかしい限りです。

手紙や葉書を書くのも最近はとんとなく、
あれほどマメだった自分はどこへいったのか。

手紙というすばらしい文化から離れているようです。
でも改めて、お手紙というとかなり気合いが必要になりますが、

ちょっと一言だけというと少しは気が楽に?なりませんか。

そんなときに便利なのが一口便箋、ポチ箋です。

CA3F01070002.jpg


てのひらにのるような大きさの便箋しかなく、そこに思ったことを綴ればいいだけ。
面倒くさがり屋でもこれなら?できるでしょう?

私も久しぶりにペンをもって、ひとこと便箋、書いてみます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



錆朱地に織りと染めの童子お太鼓柄の八寸名古屋帯。
手先は松葉仕立て、お太鼓部分は垂れのみ。
ヘリかがりを施した二重に見えるお仕立てです。

通常染めの多い童子柄ですが、腹巻・床几・烏帽子や独楽の部分に
ラメ糸を用いた刺繍のような織りをあしらっており、ちょっぴり豪華な雰囲気。

ちょっと小粋な帯の締め方で楽しんでみませんか?

生地は化繊。幅31cm、長さ363cmです。
スポンサーサイト

<< 日本の美 | ホーム | 縁起もの >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。