プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん。
着物着ていますか?
暑いので・・・無理という方。

じゃ、浴衣にしませんか?

え! 浴衣ってイベント用じゃないの? と思われたかた。
いえいえ。そーじゃありません。
え! 旅館で着るものじゃないの?
ええ。そのとおりですが、自宅で着るものでもあります


浴衣とは、なんぞや? と思った方、さ、手をあげて♪

浴衣とは、もともと湯帷子(ゆかたびら)よ呼ばれたもので、それが略した造語です。

平安時代の貴族が風呂、当時は蒸し風呂なので、そのサウナのような蒸し風呂に入るとき身につけた着物をさしていました。

イメージ的にいえば、時代劇で身分の高い方(将軍とかお姫様など)がお風呂にはいるとき、白い着物をきていますね。
あれが、湯帷子です。

江戸時代にはいってからは、お風呂のあとの湯上りの際に
汗を取るために着るようになり、
その頃から浴衣と呼ばれるようになりました。

その後、木綿の普及により、
麻から木綿へと変化し、
外出にも用いられるようにもなったのです。


ホテルや旅館では湯上りに着て寝巻きに利用されていますね。
あれは江戸時代の名残。
夕涼みと言うイメージも今では、夏祭りや花火大会などの夏のおしゃれ着として着られることが多くなった現代では、浴衣=部屋着というイメージは遠いものかもしれませんね。

でも浴衣って、着てみると、TシャツにGパンより動きやすく、
しかも涼しいということをご存じですか?

なんてたって、もとは布一枚のもの。
それを紐でしばるだけ……という単純な装いって
世界探しても、そうそうみつかるものじゃありませんね。

 色紙取り枝垂れ花の風情ある染め柄でクリムスンの花柄が特徴的な浴衣 です。 部屋着で着るなんて、なんか洒落てませんか?

 濃い藍色に青海波や蝶枡菱などをあしらってキリッとした印象の浴衣です。夕方、玄関先に市水を……なんていかがでしょうか。

 広衿の仕立ての紺地で笹柄の浴衣です。水墨画の世界みたいで、どこか玄人さんっぽい雰囲気があります。紺と白のコントラストが粋な印象。日舞の稽古などにいかがでしょう。


浴衣っていくつあってもいいんですよ。
そう。Tシャツ感覚で着てみたい。……着れるんです。

浴衣は昔から「意気なもの」とされていました。
「意気」には「勢い」の「いき」という意味があります。
そう。「人間の若々しい意気」の「いき」といわれているんです。

ですから!(o^∇^o)浴衣を着れば着るほど、若々しい!!ということに……なりますよね。

さ、みなさん。酷暑の夏を乗り越えるためにも、もう一枚、浴衣いかがですか?



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪
 スモーキーピンク地に
今風な配色の向日葵柄の浴衣です。洋服感覚で楽しめちゃいます。

 もちろん、浴衣の足もとはコレで。紫の鼻緒が大人っぽい、小悪魔的な雰囲気を醸します。


 化繊ですが生地質はしなやかです。白と藍の色が初々しさのある品で、ブルー花柄が絽の涼しさをさらに強調してくれます。単衣小紋なので、帯の組み合わせで長月にどうぞ。











 

スポンサーサイト

<< 浴衣2 | ホーム | 戦時下の着物4 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。