プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高田郁さんの『八朔の雪―みをつくし料理帖』、みをつくしシリーズにどっぷりはまり、
他の作品も読んでみたいと探して手にいれたのが

CA3F0154.jpg

『銀二貫』

『みをつくし料理帖』シリーズは小料理屋さんのお話でしたが、
今回は寒天問屋さんのお話。でも郁さん世界のお料理話は健在!

舞台は上方、大阪のお話。

主人公は寒天問屋の主人・和助に救われた松吉、改名前は鶴之輔。

銀二貫というのは、松吉がまだ武士の子だったとき、敵討ちとして狙われた父親共々殺されそうになったとき、
寒天問屋の主人、和助に救われたときの代金だ。

銀二貫といっても今のご時世、ピンとこない。
物語のなかで書かれているのが銀二貫は金に直せばざっと三十三両ということ。

江戸時代の貨幣価値は変動もありますし
江戸と上方では金経済銀経済と異なっているので、きちんとはわかりませんが、
だいたい一両=6万円。
となると約198万円、200万弱ということになります。

200万! 大金です。
そんなお金を人助けとはいえ、ポン! とだせる和助の懐の深さ、広さはすごすぎます。

当時、1両でお米が1石、150キロが変えていたそうです。
150キロというと1年分の食べるお米の量。

だから銀2貫というのは大金であったわけです。

この銀2貫。必ず物語りの核となって何度かでてきます。
そのたびに考えさせられるのが「生きた金の使い方」ということ。
同じお金でも生きたお金と死に金とではぜんぜん違う。
この物語では生きた金のすばらしさ、生かし方とはどういうものなのかということを
感じ取ることもできます。
1本の藁から長者になる『わらしべ長者』というお話がありますが
どこか似ている部分もあります。

もちろん、この本、寒天料理の他にも
江戸時代の着物などの様子も描かれています。
一番、気に入っているのが第三章、真帆の章。
小さい女の子が上質な鴇色の紬にさげ下結びの紅帯という装い。
少女の髪には梅の枝が花簪として挿してある。

鳶色はトビの羽根のような茶色で鳶茶ともいわれている色。
そこに紅の帯。
なんとも綺麗な組み合わせ。
そんな装いが読んでいるとあちこちで見ることができます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



鳶色に様々な茶系の抽象織り柄のお太鼓柄洒落袋帯

少し薄手で芯無し仕立てとなっており、
つややかな光沢の縦糸をよろけ縞に配した地に
様々な茶系で抽象柄を織り上げた
工芸性に溢れるお洒落1本です。

適度に柔らか味のある生地は上質な印象があり、
趣味性の高いお召し物や紬などに合わせた装いも素敵ですね。

落ち着きのある色調とアート的意匠の
バランスも良く、きっとお気に入りの1本になることでしょう。


生地 正絹、幅30.5cm、長さ462cm。
スポンサーサイト

<< 足袋は外ばき!?  | ホーム | 残暑続きますが…… >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。