プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浴衣は入浴時にきた湯帷子が由来で、
その後湯上りのくつろぎ着となり、
現在の浴衣になったというのは先日お話ししました。

単衣仕立ての麻の着物だということもご存じですよね。

そんな浴衣は中型の型紙を使い藍染めしたことから
中型ともよばれています。

最近は、藍染めだけでなく化学染料を用いた鮮やかな浴衣も多く、
そのおかげで今、私達が目にしている様々な柄模様を手にすることができるのです。

さて、浴衣を着衣する場合、みなさんはどうしていますか?

まさか……肌の上にそのまんまというパターンじゃありませんよね。

肌の上にそのまんまというのは、旅館の寝まきのときだけ。

普段は汗取りとして肌襦袢、裾除けをつけて着用するのです。
浴衣専用の襦袢ありますね。
夏着物用の襦袢でもかまいませんが、
格が違うので、なるべくは避けましょう。

足元は裸足に下駄を履きます。

浴衣は家庭でのくつろぎ着であり、
さらに夏祭りや縁日に出かける際に着用しますが、
やはり、浴衣は外出専用の着物ではないということを
きちんと頭においておいてください。

いつでもどこでも浴衣でOKというわけにはいかないのも
着物世界のルール。

TPOを見極めましょう。

浴衣は木綿ということもあって、扱いやすく
自分でも洗うことができるという便利さと
価格もお手頃なものばかり。

浴衣をきっかけに着物に目覚める人も少なくありません。

帯は半幅帯が多く用いられます。
他に夏物の博多帯をすると着物に近い印象になります。
なんちゃって夏着物に化けてみる遊びもできますよ。

さ、残りの夏。
まずは浴衣をマスターしてみませんか。




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★
スポンサーサイト

<< 本でよむ きもの きくちいま | ホーム | 浴衣 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。