プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
f0109989_1425497.jpg

息をのむというのはこの人をみたときに実感した。

究極の日本美人である。

名前は陸奥亮子。
1856年(安政3年)11月生まれ。
明治時代の政治家で外交官でもあった伯爵・陸奥宗光の夫人はこの美貌と聡明さは絶賛され、「ワシントン社交界の華」と呼ばれていた。
鹿鳴館の華というとわかる人も多いだろう。

伯爵夫人という名声があるが、亮子が苦労していないお嬢様ではない。
没落士族の旗本・金田蔀の長女として江戸に生まれ、明治の初めに東京新橋柏屋の芸妓となり小鈴、小兼という名で通っていた。

新橋でも1、2を争う美貌の名妓だったそうだ。

花柳界に身を置きながら、男嫌いという評判があり、かなり身持ちも堅かったので、これがまた評判を呼び
誰が彼女をモノにするかといわれたらしい。
そんな彼女の世界が変わったのが1872年(明治5年)2月に伯爵、陸奥宗光の先妻蓮子が亡くなり、
その翌年に宗光に見初められて後妻となった。亮子17歳のときのことである。

先妻の遺した子もいたが、結婚の翌年、宗光との間に娘が生まれた。
彼女に厳しかった舅にあたる伊達宗広も1877年(明治10年)に他界している。

伯爵夫人になり順風満帆だったわけでもない。

1878年(明治11年)、政府転覆運動に荷担したという疑いで夫が禁固5年の刑に処せられ収監された。

そのとき亮子は、宗光の友人津田家に身を寄せ、姑政子に仕え、子育てをしながら獄中の宗光を支えた。

宗光は亮子に何通も文を送り、監獄収監中に、相愛の夫婦の慕情を漢詩にし彼女に送った。
おしどり夫婦とはこのことだろう。

1882年(明治15年)宗光は特赦で出獄を許された。
その後、能力をかわれ、外遊の任務についたが、亮子はお留守番。
宗光が外遊の間亮子に宛てた文はなんと!50通を越える。
1886年(明治19年)宗光帰国して政府にはいった。

そして社交界入りした亮子は、岩倉具視娘、戸田極子とともに「鹿鳴館の華」と呼ばれるようになる。

1888年(明治21年)、駐米公使となった宗光とともに渡米し、
その美貌、個人的魅力、話術によって第一等の貴婦人と謳われ「ワシントン社交界の華」「駐米日本公使館の華」と称された。

生まれもった美貌はもとより、聡明さを兼ね備えた日本美人。

間違いなく、究極の日本美人である。

うらやましぃいぐ~♪ d(* ̄o ̄) ぐ~♪ d(* ̄o ̄) ぐ~♪ d(* ̄o ̄) ぐ~♪ d(* ̄o ̄) ぐ~♪ d(* ̄o ̄)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。



本日のオススメの品




淡金の桧垣地紋に染めと刺繍の抽象お太鼓柄。八寸名古屋帯です。
手先は三つ折り始末のお仕立て。

綴れ調のややしっかりとした織り地は
金の桧垣地紋が裏で白糸の凹凸となっている特長のある織り地。

お太鼓部分柄には佐賀錦の切り嵌めを施し、
ぼかしの効いた染めと金銀駒取り刺繍をあしらった珍しい意匠です。

生地は正絹。幅29.5cm、長さ344cm。

スポンサーサイト

<< 美人薄命とはこの人のことなのか……。 | ホーム | 立冬前に……解禁で蟹♪ >>

コメント

No title

最後の一行がよかです^^

Re: No title

> 最後の一行がよかです^^

まっことうらやましいです。
美人は永遠ですね。
今の社交界にこういう方はいらっしゃるのでしょうか。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。