プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都は夜も美しい。
小径を彩る灯りがぼんやり………陰影をつけて
昼とは違う表情をみせてくれる。

3


そんな美しさを各名所で魅せてくれるのが“花灯路”。(http://www.hanatouro.jp/)
21世紀からはじまる京都の夜の新たな風物詩として、平成15年3月から東山地域で「灯り」をテーマとする新たな観光資源の創出事業である『京都・花灯路』が始まり、平成17年12月からは嵯峨・嵐山地域においても実施されている。

今週の金曜日12月10日からその嵐山地域の花灯路が始まる。

1

嵯峨野の竹林の夜が灯りによって
まるでオペラの舞台美術かと思わんばかりの妖艶さを漂わせる。

普段、普通に渡る渡月橋も煌々ととライトアップされ、川に浮かぶ光の橋は
どこかの御伽草子にでてきそうだ。

紅葉もそろそろ終盤のこの時期。

春と秋の2回、京都の道々に灯りを灯すその世界は
人工的とはいえど、京都のもつ美なる怪しさ、怪し美。
厳しい冬がおとずれる前の幻惑な世界に息をのむ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。



本日のオススメの品


着物も大事ですが、足袋ってほんと使えばつかうほど
黒ずんでくる必需品。
そんな足袋を保護してくれるのが足袋カバーです。
大人気ですぐに売り切れになるお品。
みつけたら、必ず手にいれるべき一品です。

スポンサーサイト

<< 年越し蕎麦&うどん | ホーム | 魅入り魅入られ・・・永遠に不変な秋の古都 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。