プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神田の古書通りを歩くと
興味深いお店がいっぱいでついつい誘惑されてしまいます。

一軒の古本屋さんで欲しいと思っていた本があり、
なんと1500円のものが300円。しかも新古書。
お得な! と手にとり、店奥にいくと

目に飛び込んできたのが 浮世絵の束。
といっても、もともと大きな画集だったものを一枚一枚にしたもの。

知っている絵柄、作者名がみえると心がウキウキ♪するのは日本人だからでしょう。

そのなかで今回は3つ。
購入することに決定。

CA3F01550003(2).jpg


手ぬぐいで髪を覆い、着物の袂をあげている女性。
きりりとした美人顔で、良妻賢母のような感じに、思わずうっとり。

後の2枚はお風呂あがりの涼みのようで、
ちらりみえる肌の露出がなんとも艶っぽく、
下品な意味ではないエロさに握りしめてしまいました。

これ1枚500円。
元の画集からの値段を考えるのは……ヤボですね。
いいな~と思ったから手にする。
プリントのものだから気兼ねせずに飾れます。

ちなみに浮世絵の歴史は16世紀にはじまるようです。

16世紀後半頃より京都の民の生活を描いた絵が広まり、
浮世絵として世に多くでてきたのは
木版画による大量生産が可能になった江戸時代。
つまり庶民が生み出した伝統芸術でしょう。

はじめは墨1色の線で描く技法が中心でしたが、版画技術の進歩により多色化となり、
歌丸や写楽などに代表される美人画・役者絵を中心に
北斎・広重などの風景画などがつくりだされるようになりました。
しかし、当時の国内では低俗な漫画程度の扱いだったようで、くず紙として利用されることが多かったようです。

浮世絵の価値が認めただしたのは海外で偶然、浮世絵を見た欧米人でした。
色鮮やかな色彩や絵図にゴッホやモネ、ドガなど
世界の巨匠がこぞって手にいれようとし影響を受けたともいわれていますね。
明治時代に入ると、10色以上の色使いが可能となり「錦絵」が誕生したそうです。

ちなみに、美人画や役者絵などは今でいうブロマイドや絵はがきというようで
浮世絵の「浮き世」とは現実の意があるそうです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもよろしくお願いします。

本日のオススメの品



紺地に花鼓柄の化繊小紋。
滑らかな光沢感のある綸子地風化繊地で、
裏も全て化繊地のお仕立て。

素材は化繊。裄65.5cm、身丈154cm、袖丈48cm、前幅23.5cm、後幅30cm。



スポンサーサイト

<< 学生時代にタイムトリップ | ホーム | 卯年の秘密。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。