プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虫干し

いよいよ明日より9月。
季節もガラリと変わります。

そこで、夏にお世話になった浴衣や着物を虫干ししましょう。

ついでに、箪笥や衣装箱にいれっぱなしの着物も虫干ししておくのもいいかもしれません。
着物を入れたままにしておくと、湿気をおび
絹ですと天敵であるカビが生えやすくなります。
また、ウール着物は、カビより虫食いの恐れが!

今年の夏は異常に暑かったため、
おかしな虫も大発生! なんてこともあるようです。

皆様の箪笥、衣装箱のなかは大丈夫ですか?

本来ならば、虫干しの時期に最適なのは
一年の中で最も乾燥している
11月から2月の間に行ないます。

でも今年の夏はとにかく暑い。
空気も乾いていますから、
秋雨前線がやってくる前が一番です。
晴れの日が2日以上続いた天気の良い日に行ないましょう。

時間帯は10時頃~14時頃まで。

干し方は風通しを良くして風の通る方向に沿って
着物を干してください。

ただし、お手入れ●でお話ししたように
日のあたる場所はNG。
日焼けのものになり、痛みがひどくなります。

着物の温度も冷めましたら
箪笥や衣装箱にしまいましょう。

きちんと畳とう紙につつんで。

防虫剤などもきちんと取り替えておくべきです。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪
 小枝柄の小紋。落ち着きのある橙のボカシ地に、小さな花の付いた細枝の柄というしっとりと大人っぽいシッ雰囲気。格式もあるようにみえる品のよさは、お祝いの席にぴったりです。 






スポンサーサイト

<< 長月 となりました。 | ホーム | 七五三 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。