プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月9日

今日が何の日がご存じですか?

九月九日は重陽の節句です。

もともと、これは中国の考え方で、
九という陽数(奇数のこと)が重なることで、重陽と呼ばれるようになりました。

でも何の意味の日?と思われた方。
そう。何の意味なのでしょう。

この陽数が重なることは大変めでたい、幸のことを中国ではいわれ、
この日、になると人々は酒肴やお茶、菓子をもって、小高い山に登り、紅葉を眺めながら、一日過ごすことで邪気を払えると考えられてきました。

ちなみにはじまりは、中国の六朝時代の桓景(かんけい)という人物にまつわる故事にちなんでいるそうです。

重陽の日には菊の花を浮かべて酒を呑むという習慣もありました。
菊は不老長寿に結びつくといわれ、
菊酒として、日本では飛鳥時代より宮廷の行事として菊花宴が開かれるようになりました。







江戸時代になると、五節供のひとつとして民間にも広まりましたが、明治以後、風習はすこしずつ薄れているようです。

が、いまでも重陽の日には菊にちなんだ菊の品評会が行われているのですが・・・・

今年の猛暑。
肝心の菊の成長は芳しくないようですね。




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


本日のオススメ品♪

 東雲色地で菊の花柄が見事な名古屋帯です。赤系・白系・銀系使いの
大きな菊柄のオシャレな帯です。おらんだ線際の葉が手が込んでいます。せっかくなら、菊の帯で華やかに宴を楽しみたいですね。


スポンサーサイト

<< 帯祝い | ホーム | 本でよむ きもの 浅田次郎1 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。