プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奄美大島へ出かけてきました。
念願の大島紬の工程をじっくり拝見。

今回お邪魔したのは夢おりの里

一番見たかったのは
染めの基本となるテーチ木

0926-2.jpg



大島紬の生命とも言うべき泥染めには
その前提としてテーチ木染めが必要です。

まずテーチ木の幹と根を小さく割り
大きな釜で約14時間煎じその煮汁をつくります。

0926-3.jpg

テーチ木は車輪梅(しゃりんばい)といいます。
花がつくのは晩春~初夏にかけて。
葉は楕円形で厚く、深緑色でつやがあります。
縁には浅い鋸歯が出ることもあり枝先に葉が集中することもあります。

このテーチ木。山も海に生えていますが、山のものより、海のもののほうが、染め用には適しているそうです。

煮出したチップは再利用。
次に煮出す場合の火の種になります。
リサイクル100%。
紬は自然にもやさしい布だということです。





0926-1.jpg


DATA)
名称:夢おりの郷
住所:大島郡龍郷町大勝3213-1
電話:0997-62-3888
URL:http://www4.synapse.ne.jp/yumeori/yumetop2.htm
備考:予約すれば、泥染めや織りを体験できる。




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪
 幅29cm 高さ19cmマチ幅7cmの表裏両面が編み柄のハンドバックです。口金外ポケットが後前にあり使いやすさ100%。紬用にしっくりきますね。




スポンサーサイト

<< 奄美大島 2 | ホーム | 奄美大島にて >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。