プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大島紬の工程

知っていますか?
大島紬の工程で、女性ではなく、男性が専門としている箇所があるとkろを。

それが締機(しめばた)です。

09-27-1.jpg



大島紬の特徴は精巧な絣の美にありますね。
この秘密は締機の出来あがりにあるのです。
他の産地が糸くくりや板締を用いて絣糸をつくるに対して、
奄美ではこの締機で絣糸をつくります。

09-27-02.jpg


仮織をして絣糸をつくります。
経糸の綿糸で、図案に合わせながら絹糸を強く締めます。縦糸の綿糸で図案に合わせながら絹糸を強く締める。これはかなりの重労働。だからこそ、がから締機は力の強い男の仕事なのです。

あの紬の美しさ、よさは島の人すべての努力の賜物なのです。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)


★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪
 紺地で白水玉柄のかわいい紬小紋です。柔らかく、手触りの良い生地で、胴裏は白木綿と通気性もいいですね。クラシカルな雰囲気も楽しめますが、帯ひとつでガラリとかわりので、楽しんでみてください。






スポンサーサイト

<< 奄美大島 4 | ホーム | 奄美大島1 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。