プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
着物で歩いていて、草履を脱いだとき、
え!足袋が黒い!
と驚いたことありませんか?

足袋のつま先はいくらカバーされていても、どうしても泥が跳ねてしまいます。

白い足袋にポツンとにじんだ泥泥模様。せっかくの着物姿も台無しです。
そういうときこそ足袋カバーが必要!


tabic_01[1].jpg




この足袋カバー。伸縮性があり、ポリエステル製なので洗濯が楽チンなのです。

もちろん、雨の日だけでなくても足袋は、着物のなかで一番汚れるものです。
普段仕様をしている着物美人も実は多いんですよ。
彼女たちの口癖のひとつに「足袋の汚れを防止するために、上にカバーをかけておく」というものがあります。
普段生活で、着物の足裁きや草履の履き方に慣れてないときなど、晴れ着を着て訪問先に上がるまでの間に草履の側面で白い足袋が汚れていることは多いんです。白い足袋が真っ白でないという事態だけは誰もが避けたいもの。


そういうときの丸秘テクニックとは!
訪問先まで、足袋カバーを足袋の上に履いておき、本番前にさっと脱ぐ。
この方法、着物のプロもよくやっていることなのです。
「いつも白い足袋でシャンとしてらっしゃる」と思える着物美人には、そんな秘密もあるようです。


とにかく、足袋に汚れがついてしまってからではどうしようもないということを、着慣れている人ほどよく理解し、
注意しているということですね。

ちなみに! 冬だと別の使い方もあるようです。
「汚れ防止だけじゃなく、2枚履いてると暖かい」というお茶の先生もいらっしゃいました。やはり、1枚より2枚のほうがいいという、着物ならではの着方が正解なのかもしれませんね。

 素材 ナイロン100% サイズM22.5cm~23cmL23.5cm~24cm

 フリーサイズ 大きめの足の方、必見です。

 ナイロンWトリコット生地使用の伸び縮みがあり。
肌触りが良く、履き心地が良い。




 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)



★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★


スポンサーサイト

<< 雨のゴートの下は・・・・・ | ホーム | 草履カバー >>

コメント

便利ですね~☆

知らなかったですーこういう商品があるなんて。
お勉強不足でした…
私が通ってた着物の稽古の生徒さんは誰も知らないだろうなー教えてあげたいv-290

それにしても、紅型せっかく4枚ほど持ってきたのに
沖縄来てから全然着てない… 
こっちでは全然着物姿みかけないし、
着物文化忘れないためにも、たまに寄らせていただきますv-343

草履カバー

さんごさん。
そうそう。便利です。これ。
ひとつあるだけで、足袋の汚れが減る!!
雨の季節は重宝ですよね。

浴衣のときは生足で♪v-10

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。