プロフィール

着物美人gon。

Author:着物美人gon。
日本人の民族衣装である着物。
日本に生まれ、日本に育ち、神社仏閣、四季をみて、日本っていいな~と思うのに、なぜか着物世界だけは憧れるだけ! という人。多いですよね。
せっかく日本人として、生まれ育っているのですから、
着物のいろはを覚え、着衣できるように、楽しく覚えていきましょう♪
なんたって、日本の国の人だもの。大丈夫です。着物は日本人の体型や、心にピタッとあうようにできているのです。
きばらず、考えすぎず、心に感じたまま、着物を楽しみましょう♪


記事に関してのお問い合わせ、執筆依頼、取材はコメント欄の非公開コメントとしてご記入ください。後ほど、ご連絡させていただきます。


当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
着物をきていて、

さすがに辟易してしまうことってありませんか?

着物を着ている人をみると
「素敵ですねー」と眺めてみるのは◎。

「いい着物ねー」と眺めるだけでなく
ヒョイっと
手をだしてくる方々。たまーにいらっしゃいます。

さすがにギョっとしてしまい、思わず体を下げてしまいますが、

こういう方々は、そんなことを気にせず、

ガシっと袖をつまみます。


この無遠慮さ。
特に刺繍などにベタベタ触られると

怒り富士山噴火です。

本当に着物を好きな方、愛する人はやたらめったに触らないのが心得。

着物を着る場合も、手をきれいに洗って望みます。

なのに、ついさっきまでなにか食べてましたと思わせる手の汚れは
ナンセンス。
一番びっくりしたのはペットボトルをもったまま近づいた方には
思わず
「近づかないでください」とぴしゃりしちゃいました。(^^;)

でも、これくらいいわないとわからない方も多いのです。
着物の国。日本人なのに……。

残念ですね。

ブティックでも、スタッフは白い手袋をして、
商品の出し入れしていますね。
これは指紋や手の汚れ(脂も含)などをつけないようにする心構えです。

汚れるのは仕方のないことです。
存在している物なのですから。

でも、敢えて汚してしまうような行動や心は
無くしてほしいものです。

美の世界は白の手袋をして扱う。
素手では触らない。
これこそ、日本の伝統なのではないでしょうか。



 いつも読んでいただきありがとうございます。ポチっと押していただけると幸いです。(o^∇^o)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ こちらも登録はじめました。ヨロシクお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

★あい山本屋 アンティークリサイクル着物屋★

本日のオススメ品♪
 銀箔地に緑色蝶柄という、どこか抽象的でモダンな袋帯。緑色の羽根の蝶が印象的で、金銀の胴体が華やかですね。

 黒地に武者柄の祝着です。男児用。襦袢付。羽二重地・染の武者柄に金駒刺繍という上品で豪華な雰囲気は七五三でも目立つことでしょう。染抜き日向五つ紋付き。


スポンサーサイト

<< 立冬 | ホーム | 本でよむ きもの 宮尾登美子 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。